More about Paddington

著者 :
  • Collins
4.00
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・洋書 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780006753438

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • パディントンシリーズの2冊目です。
    部屋の改装、探偵ごっこ、初めての雪、
    初めてのロンドンでのクリスマス。
    わくわくするイベントが目白押しです。

    お隣のカリー氏はパディントンのことを「クマ公」と呼ぶ
    ケチで癇癪持ちの人ですが、パディントンが病気の時は
    ちゃんとお見舞いに来てくれます。

    行く先々でトラブルを起こしてしまうパディントンですが、
    最後には上手くいくよう出来ているクマのようです。
    家族やグルーバーさんが一番欲しいものを
    よく観察してプレゼントを用意する姿がとても愛しかったです。

    43冊目 YL5.5 23,709words
    total 707,784words
    やっと70万語を超えました。

  • つくづくパディントンって、ただのトラブルメーカーというわけではなく、良いことをしようとして裏目に出ているだけなのだなぁと感じられました。
    雪の日に病気になってしまったエピソードで、ブラウン家の人たちやグルーバーさんがお見舞に来るところでジーンときてしまいました。周囲の人による彼の愛されっぷりが素晴らしい。
    そして、迷惑な隣人・カリー氏に気を使いまくりだったり、クリスマスには早とちり気味のブラウン家に、新しい面白さを見た気が・・・(笑)。

  • 2009年8月読了。

  • パディントンシリーズ二作目。クリスマスも近づいてきた冬のお話なので、割とタイムリーでした。最終章'Christmas'が一番好きかな。

    ------------------------
    語数:23,748語(カウント) 計:131,000語

全7件中 1 - 7件を表示

MichaelBondの作品

ツイートする