The Lion, the Witch and the Wardrobe (Chronicles of Narnia)

著者 : C S Lewis
  • HarperCollins Publishers (2001年5月8日発売)
3.82
  • (5)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780007115617

The Lion, the Witch and the Wardrobe (Chronicles of Narnia)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Good fantasy story. people sometimes start to look back on their childhood. This story made me nostalgic about it.

  • 多読4冊目
    とても綺麗で英語なので、読みやすかったです。
    丁寧な描写が続くかと思いきや、
    急すぎる展開とあっけない決着に少し拍子抜けしました。

    しかし聖書に基づいた罪の贖いというのがテーマになっていて
    深いお話でした。

    シリーズ全作品を読みたいと思います。

    4冊目 36,135words YL7.0
    total 55,196words

  • レビューを書いていなかったので、本日 2011/10/15 書きました。
    記憶を頼りながらなので、ちょっと間違いもあるかもですが。

    読みやすくて、なかなか面白かったとは思います。
    ただ、不死身のライオンさんは、いかにも子供向けのオールマイティー的な感じで、大人にはいただけないと思います。
    あと、突拍子も無い登場人物もちょっと… (赤い服着たアノ人です)

    話はアレですけど、西洋ファンタジーに興味が有る方であれば、わりと読めると思います。
    ただ、空想上の生物の名称とか、植物の名称とか、日本の学校では習わない単語が多いので、辞書を引く回数は多かった気がします。

    TV 放映した映画版も見ました。
    本では細かく描写していた部分がカットされていたりしていましたが、大筋ではそう変わらなかったと思います。
    自信のない方は、映画を先に見ると良いかもしれません。

    当時映画で話題だったので、多読のために購入したのですが、結局 2 年後くらいに読み始めて、一年くらいかかって読み終えたような…

    ファンタジーが好きな方でかつ、英語学習中の方以外には、オススメできません。

  • 映画にもなった「ナルニア国物語」の原書です。基礎的な英語の力があれば、十分読みこなせるレベルだと思います。

  • 映画化されたナルニア国物語シリーズライオンと魔女です。
    ナルニアの不思議な世界に入り込んでしまうストーリに引き込まれ、夢中になって読んでしまいました。

    途中でストーリ展開がよくわからない部分がありましたが、その展開はシリーズを通して読んでみないと分からないのかもしれません。

    ちなみに、シリーズでは本作が一番最初に出版されたそうですが、ナルニア国の年代順に合わせ、第2巻となっているそうです。

全4件中 1 - 4件を表示

The Lion, the Witch and the Wardrobe (Chronicles of Narnia)のその他の作品

The Lion, the Witch and the Wardrobeの詳細を見る ペーパーバック The Lion, the Witch and the Wardrobe C S Lewis
THE LION THE WITCH AND THE WARDROBE ペーパーバック THE LION THE WITCH AND THE WARDROBE C S Lewis

C S Lewisの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Dan Brow...
Louis Sa...
Sidney S...
有効な右矢印 無効な右矢印

The Lion, the Witch and the Wardrobe (Chronicles of Narnia)はこんな洋書です

ツイートする