And Then There Were None

著者 : Agatha Christie
  • HarperCollins Publishers (2003年3月1日発売)
3.81
  • (8)
  • (12)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • 74人登録
  • 16レビュー
  • Amazon.co.jp ・洋書 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780007136834

And Then There Were Noneの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何回読んでも面白いし、一番好きなミステリー。
    英語版ということで分析すると、『そして誰もいなくなった』は見えない犯人をから追われるサスペンスものであると同時に、the Cort,Judgeから連想される裁判を描いたミステリーでもあるんじゃないかと思う。
    個人的には探偵と司法が暴力を用いて裁判を行なっていく様子にも取れるし、その中で探偵=犯人を捜すミステリーでもあると思う。

  • 私の中でミステリーといえばこれ。何度読んでもいい。日本語版でもミステリーとしてはおもしろかったけれど、英語の方が細かい言い回しなどが一つ一つ響いてくる。

  • 2016/08/03
    解決編見てもそこまで快感得られなかったかも…

  • ある孤島に見知らぬ10人が招待され、1人ずつ何者かによって殺されて行くという話。最初は英語が難しいのと登場人物が多いのとで、読むのに時間がかかった。TOEIC600レベルと書いてあったけど、800〜900位?でも、内容が面白いので夢中になって、途中から辞書なしでも読めるようになった。アガサクリスティの本をもっと読んでみたい。

  • 脚本、演出、主演、監督

  • 20130220読了。
    20年以上前に邦訳を読んで以来の再読。
    ストーリー展開はなんとなく覚えていたけれど、細かいところまでは…だったので改めて読んでみましたが、このトリックはやっぱりすごい。
    若干英語の読みづらさを感じたけれど、ぜひ英語でも読んでほしい一冊。

  • 初クリスティ作品。10人の登場人物がいたので誰が誰だかわからなくもなったが、スリリングで面白かった。

  • 【概要・粗筋】
    インディアン島という孤島に集められた互いに何の関わりのない男女10人が、マザーグースの童謡『10人のインディアン』になぞられて、次々と殺されていく。1939年発表のアガサ・クリスティの代表作で、邦題は『そして誰もいなくなった』。

    【感想】
    この作品は、20年近く前に翻訳で、5年ぐらい前に原書で読んでいるので、今回で読むのは三回目。話の筋と犯人は何となく覚えている状態で読んだ。

    かつて私はミステリばかりを読み漁っていて、最近では食傷気味である。しかし、優れたミステリは、やっぱり面白い。

    洋販によると、この作品の英語のレベルはTOEIC 600点以上となっている。600点代後半の私がすんなり読めたので、洋販の分類は妥当である。ただ、ウォーグレイブ判事の会話は、判事だけあって回りくどくて小難しい。

  • 地震のあれこれでやたら時間がかかりました(もともと遅いので)。
    古典ミステリはあまり読んでいないけれど、やたら日本の現代ミステリばかり読んでいた人に取っては新鮮でした。
    というか…「えー、これはあーなっててそうだったの?!私の英語力が間違って誤読していないよね??」というドキドキ感をかかえながら読了しました。。。
    あと、日本の文庫みたいに登場人物表があったら便利なのになぁ。人物があやうくごっちゃになりました。

  • ほほう、こういう仕掛けだったのねえ。

全16件中 1 - 10件を表示

And Then There Were Noneのその他の作品

And Then There Were None ハードカバー And Then There Were None Agatha Christie

Agatha Christieの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
ベルンハルト シ...
東野 圭吾
J・モーティマー...
ジェイムズ・P・...
宮部 みゆき
フランツ・カフカ
ヘルマン ヘッセ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

And Then There Were Noneを本棚に登録しているひと

ツイートする