The Art of Racing in the Rain

著者 : Garth Stein
  • HarperCollins Publishers Ltd (2009年3月5日発売)
4.80
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・洋書 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780007281190

The Art of Racing in the Rainの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりに出会えてよかったと思える洋書。途中なんども涙した。
    ラストは少し都合よく終わりすぎな感もあったが、それよりも作者が伝えたいメッセージが強く残った。「困難に直面した時に人はどうあるべきか。」まさに題名そのままのメッセージだ。レースは人生の比喩。雨の中でのレースとは、人生で苦境を強いられるその時。主人公であるDennyはプロのF1レーサーを目指しているので、これだけではなく、作中には人生をカーレースに例えた格言が多数でてくる。いくつも心に残る言葉があった。
    また、この物語の最大の特徴は、物語がDennyの愛犬のEnzoを通して語られるという点。Enzo自身は、たまたま犬に人間のような言語を操る舌や器用な手先がないだけで、中身は人間と同等だと思っているようだが、いかにも犬らしい視点での描写が時にユーモアを生み出している。そして時に、人間の中にある弱さや醜さを容赦なく暴いてしまう。Dennyのいつも傍らにいるEnzoはDennyの一番の理解者であり、人というものの鋭い観察者だ。
    物語を通して、主人公のDennyを襲う困難は読んでいて胸が痛くなるほどだ。でも、楽な道を選んでしまいそうなとき。誰がどう考えても行き詰まりだろうというとき。そこでまだレースを降りない強さを、その心の在り方を、そしてそれを思い出させてくれる愛犬との絆を。それらがいかに尊いものなのかをこの作品は教えてくれる。私にはその強さがあるのかな、と考えさせられもした。

  • ブログ内の感想記事、↓

    http://yukaffe.blog27.fc2.com/blog-entry-501.html

  • 犬目線からのお話です。 「犬」と言ってしまわずに「彼」と言いたい。彼は飼い主 Dennyをとても愛しています。 Dennyが独身だったころから、結婚して子どもを持ち…という生活を共にしながら、Dennyを見守ったり、心配したりします。人間の言葉を話せない自分に地団太踏んだりします。波乱万丈と言ってよいDennyの生活を心温まる視線で語ってくれました 

全3件中 1 - 3件を表示

The Art of Racing in the Rainのその他の作品

The Art of Racing in the Rainの詳細を見る カセット The Art of Racing in the Rain Garth Stein
The Art of Racing in the Rain: A Novel ペーパーバック The Art of Racing in the Rain: A Novel Garth Stein

Garth Steinの作品

The Art of Racing in the Rainはこんな洋書です

The Art of Racing in the Rainを本棚に登録しているひと

ツイートする