The Murder of Roger Ackroyd (Poirot)

著者 :
  • HarperCollins Publishers Ltd
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・洋書 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780007527526

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いやあ結局驚いた。ああ、そういう事か!と最後に膝を打つ。

    多作のアガサ・クリスティーの作品群の中でも代表作として挙がることが多い本作。確かに面白かった。

    ・・・
    とあるイギリスの町で、金満家ロジャー・アクロイドが自分の屋敷の書斎で殺害される。容疑者は継息子、同居する妹(姉?)、その娘、ロジャーの友人、秘書(執事?)、そしてかかりつけ医。一体誰の仕業か。
    難事件を解決するのは、引退したはずのエルキュール・ポワロ!

    ・・・
    今からもう100年程の前に出版された(1926年)作品なのに全く古びてない。
    もちろんお屋敷とか、執事とか上流階級の生活は古色蒼然とした風であるが、ある意味そこに味がある。日本で言えば明治時代・鹿鳴館のイメージでしょうか。気取った上流階級とそこに潜む嘘が少しずつポアロによって暴かれていきます。こういうのは実写や舞台にするときっと映えるのだと思いました。

    そして本作、ネタバレしないでこれ以上の感想を伝えるのは実に難しい。その構造を話してしまうと即ネタバレになってしまうのです。だから読んでみて!としか言えない笑 私の読んだ英語版ではLaura Thompsonという方が後書きで「二度読みすべき」と述べられていましたが、激しく同意です。1度目でスルーしてしまったアガサの仕組んだ伏線を、2度目では改めて味わうことができるというものです。

    ・・・
    私、これまで『オリエント~』『ABC~』と読んできましたが、英語は本作が一番読みづらい?と感じました。上流階級の言い回しだったからなのか?よくわかりません。或いは中盤までは叙述や独白が多く、そこが読みづらさの原因の一つかもしれません。そして半ばから会話が増えてきてリズムにのり、そして残り1/3はもう駆け足。ここまでくると言語関係なくハマって読めます。
    また本作ではポアロのフランス語のセリフがそれほど多くなく、そこは助かりました。

    ・・・
    あとどうでもよいことですが、今回冒頭部分でFlora嬢の美しさをNorwegian pale fairnessと譬えていました。英国人にとって北欧系の方は美しいというイメージなのでしょうか。グーグルで「北欧 美人」で検索してみましたが、確かに白いし美しいのですが冷たい感じ?のモデルの方が多い印象です。少なくとも私とアガサの感覚は大分違うようでした笑

全1件中 1 - 1件を表示

AgathaChristieの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×