The Three Bears

著者 :
  • Greenwillow Books
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・洋書 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780060204235

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館。前回読んだ3びきのくまよりも、こちらの方が食いつき良し。

  • 熱々のおかゆ・揺れが早すぎる揺り椅子・フワフワのベッド・・・・
    絵本に入り込んで想像すると、楽しすぎ!!
    そして、どんな物も3サイズあり、同じように3パターン続き、それがリズミカルに繰り返されるので、もう楽しさ増し増し!

    3びきのくまの持ち物の色に気がついた?
    ゴーディロックが摘んでいた花は、どうなった??
    と、見どころ満載の絵本。

    イギリスの童話なのに、様々な国の作家さんが絵本を出版しています。
    本によって、おかゆの代わりにスープ・シチュー・オートミールなどになり、少しずつ表現も違うけれど、「ちょうどいいものを選ぶ」はどれも一緒。

    絵によって印象が大きく変わるので、お好みの作家さんの絵本で想像したり、いろいろ比較したりできます。

    417語

    〜こんな表現や文法も学べます〜

    there was, there were

    too + 形容詞

    just right

    動詞 and 動詞 until

    want to

    someone

    has been 動詞ing

    be all gone

    as 〜 as one could

    never


  • むかしむかし、あるところに三匹のくまがいました。パパくま、ママくま、赤ちゃんくま。ある日、ママくまは熱いおかゆを作りました。大きな器はパパくまの、中ぐらいのはママくまの、小さいのは赤ちゃんくまの。おかゆがとても熱かったので、三匹のくまは冷めるまでお散歩に出かけました。ちょうどそのころ、ゴーディロックスという名前の女の子が家にやってきました。
    欧米では誰もが知っているお話の一つにあたる、イギリス発祥の”Fairy Tale”(フェアリーテール:昔話)です。”Goldilocks and the three bears”というタイトルでも有名です。このくまたち、他の絵本でも登場することが多い存在なので、是非押さえておきたいお話の一つです。

  • 語数[] 
    【京都市の蔵書図書館】左京 みらい館

  • 有名な昔話。熊親子の留守宅に女の子がやってきます。<BR>418語

全5件中 1 - 5件を表示

ByronBartonの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×