Freakonomics. A Rogue Economist Explores the Hidden Side of Everything

  • Harper Collins USA
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・洋書 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780061242700

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 洋書セールの時に買ったけれど半分以上読み残しがある

  • どんな問題にぶちあったっても、実行可能かつユニークな検証方法を考え出すLevitt教授に脱帽。リサーチ・デザインの上で参考にします。

  • まず、ものごとに対して疑問をもっていなきゃね。
    それも、相撲は八百長があるだとか、学校教師は自己の出世のために、学生が受けたテスト結果を誤魔化しているだとか。
    そういった疑問を統計を使って分析・解明している。

    疑問 → 統計を使って分析・解明 → 答え

    こんな感じのプロセスでいろんな真実を明らかにしている。

    経済学がインセンティブを基にした学問であることから、たとえば、相撲の八百長は起きているか?起きていないか?起きているとすればそれを可能にしているインセンティブは何か?それを統計で調べることはできるか?やっぱり、八百長は起きていた。それもこういったインセンティブがそれを可能にしていた。

    こういう考え方をするのは、経済学的思考と統計分析の産物だと思う。
    結構読み物として面白い。
    まだ、全部読んでいないので、暇な時に積極的に読もう。

全3件中 1 - 3件を表示

Steven D.Levittの作品

Freakonomics. A Rogue Economist Explores the Hidden Side of Everythingを本棚に登録しているひと

ツイートする
×