What I Wish I Knew When I Was 20: A Crash Course on Making Your Place in the World

著者 : Tina Seelig
  • HarperOne (2009年4月14日発売)
4.15
  • (20)
  • (16)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :165
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・洋書 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780061735196

What I Wish I Knew When I Was 20: A Crash Course on Making Your Place in the Worldの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • A good reminder about stepping out of your comfort zone, exploring possibilities, and not being afraid about making mistakes along the way. So much changes when you change the way you look at the world - hope to keep that in mind.

  • ダメな自分をイケてる自分に作り替えるマインドセットを教えてくれる本です。本のタイトルにあるように、なるべく若いうちに出逢うべき本♪そして、人生の舵取りに成功して欲しいです(^^)v

    画一的な教育を廃止して、よりクリエイティブな発想の奇想天外児を!(^^)!

  •  スタンフォード大学教授ティナ・シーリグ著の、アントレプレナー(起業家精神)に関する本。具体例が豊富で、洋書でもサクサク読めた。

  • すごい良い本。イノベイティブな人間になるための指南書のような本。
    読んで損はしない。

  • スタンフォード大学の自己啓発講義本。
    まぁどれも内容は似たり寄ったりだけど、読み応えはありました。
    たくさんの、ほんっとたくさんの起業家の例が出てくるので、おもしろかったです。中でも、Steve Jobsだけ、スピーチが二度も長文引用されていたのはさすが!別格なんだねえ〜

  • 詳しくはブログ参照。

  • あなたはいま何歳ですか?
    20歳?
    30歳??
    40歳???

    ・・・。。。

    質問してみたけど、正直あなたが何歳だろうと関係ないです!
    若くても年を食っていてもそんなのどうでもいいです!!

    いくつであっても、Positiveに困難な課題にチャレンジして、周りから何と思われようと自分の信念を貫いて生きていきませんか?

    そんな生き方をしたい人へのメッセージが本書にはふんだんにちりばめられています。本書の想定読者は20歳でしょうが、どんな世代の人にも共通して役に立つでしょう。

    例えば…、、、

    ******************************************************
    ①変人になれ
     グーグルが成功したのはなぜか?
     それは彼らの未知の課題へ挑戦しようという強い意思にある。
     そんな意思は時に周囲からCrazyだと思われる。

     でもそんなCrazyなアイディアこそ本気で取り組むべきなんだ。
     そういうアイディアこそ、他人から否定されたり、実現はできないと言われたりするものだけれども、そんな言葉を気にしてはいけない。
     Crazyなアイディア、傍からみたらBadなアイディアこそ、素晴らしいアイディアにできるように視点や発想を変えて取り組む価値があるのだ!!
     Don’t be afraid to get out of your comfort zone!!

    ②待っているだけじゃ何も変わらない
     If you want a leadership role, then take on leadership roles.
     Just give yourself permission to do so.
     Look around for holes in your organization, ask for what you want, find ways to leverage your skills and experiences, be willing to make the first move, and stretch beyond what you’ve done before.

     アイディアは実行に移してナンボのもの。
     要は待ってちゃ何も始まらない!!
     誰かが自分に対して「あなたに権限を与えるので、これをやってください」と言い出すのを期待していちゃいけない。
     動かなければ誰もあなたに権限を与えてくれない(可能性が高い)。

     能力があるあなたに権限を与えないマネージャーは無能である。
     確かに無能だ。
     しかし、そのことを知りながら自分からは何もせず、己の能力を何にも活かさないあなたはもっと無能だ。

    ③だからこそ積極的に挑戦せよ
     問題が何なのかをきっちり洗い出せ。
     問題が何かを洗い出したら、次に、あるべき状態を考え、あるべき状態と 現実とのギャップを認識する。そのうえでそのギャップを埋める作業をする。

     それだけ。
     世の中問題だらけ。だからこそ自分の価値を発揮する機会がそこらじゅうに眠っている。
     そして、自分が問題に挑戦すればするほど鍛えられる。自信がついてくる。強くなる。
    そのうち気づくはずだ。
     There isn’t anything I can’t do

    ④失敗を経験せよ
     挑戦をするときに失敗を恐れてはいけない。そもそもあなたは失敗したことがあるか?
     If you aren’t failing sometimes, then you probably aren’t taking enough risks.
     失敗こそ成功のカギだ。失敗しても何度も繰り返すことだ。

    ⑤色々な機会を大事にした方がよい。Serendipityを磨くんだ。
     幸運は、猛烈な努力と自分が定めた目標に集中して突き進むことから生まれることが多い。
     一方で、偶然の機会から幸運が舞い降りることもある。だからこそ、色んなOpportunityは大事にしなくちゃいけない。一見するとめんどくさかったり、つまらなそうなものでも常にPositiveにOpportunityをとらえて行動することこそが、成功するカギとなる。

    ⑥縁はやおら形をなしていく。常に敬意と感謝の気持ちを忘れずに。
     The world is very small and you will likely bump into the same people time and time again. Protect and enhance your reputation. It’s your most valuable asset and should be guarded well.
     困難に向かってチャレンジしていくことはすごい大事なことだ。それに加えて大事なこと。それは常に周囲に対して敬意と感謝の気持ちを持つこと。お礼を言うべきときは素直に感謝の意を伝え、謝罪をしなくてはならないときは素直に謝る。これが基本である。
    ******************************************************

    とまぁこんな感じです。
    こういうメッセージを日ごろ自分の意識に刷り込んでいって、できる限り豊かな人生を送って生きたいもんですね。

  • 良書!
    内容は読んだ人のもの!
    英語もそこまで難しくなくて読みやすい^^

  • ・正反対のことを考える サーカス→劇団四季生まれた
    ・5ドルビジネス→枠をはずれたこと、リクルーターをプレゼンに呼ぶ等
    ・not make money, but make meaning
    ・自分で自分を縛ってる。break the rull.
    ・友好的、楽観的、オープンマインドが運を引き寄せるひけつ
    ・マニュアルは必要かも知れない。料理にもレシピはいる。ただレシピを見て実効して始めて身に付く。
    ・thank you note 世の中は思いのほか狭い。enhance your reputation is one of most valuable assets.
    ・伝統的、一般的やり方というのは選択肢の一つでしかない。無数のオプションがあることを忘れるな。
    ・時代がお前を動かすんじゃない、おまえが時代を動かすんだ
    ・予定通りいかないこともある、ゴールをただ急ぐのでなく、寄り道も大いに結構。そういった予定外に現れた寄り道が人生をもっとも面白くする。
    ・いつもどおりの方法をとることは簡単だ。ただそれはあなたを制限する。
    ・the most interesting things happen when you challenge assumption, when you give yourself permission to see the world as opportunity rich and full of possibility.

全19件中 1 - 10件を表示

What I Wish I Knew When I Was 20: A Crash Course on Making Your Place in the Worldのその他の作品

Tina Seeligの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
東野 圭吾
村上 春樹
堀江 貴文
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

What I Wish I Knew When I Was 20: A Crash Course on Making Your Place in the Worldに関連する談話室の質問

What I Wish I Knew When I Was 20: A Crash Course on Making Your Place in the Worldはこんな洋書です

What I Wish I Knew When I Was 20: A Crash Course on Making Your Place in the Worldを本棚に登録しているひと

ツイートする