SuperFreakonomics: Global Cooling, Patriotic Prostitutes, and Why Suicide Bombers Should Buy Life Insurance

  • William Morrow
4.00
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 0099455018005

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 経済が面白く感じた一冊

  • freakonomics続編!ということでpaperbackを待っていました。最近相撲のやらせ問題で出版後&読後何年も経ってから突然脚光を浴びていたfreakonomicsが何を引っぱり出して見せてくれるのか楽しみ。でも、他の日本語の本を優先してしまうのでなかなか進まない。

    ★人の生活スタイルからテロリストを特定することができる。(!)
    ★地球の温暖化は□□□すれば防げる。
    ★サルと人はかなり!似ている。
    ★産褥熱の原因究明。

  • 第一弾(Freakonomics)のほうが斬新で面白かったな。

    第一弾同様、面白いネタはたくさん詰まってます。

    私にとって一番ショッキングだったのは、
    公害による空気汚染が実は地球の温度を下げていた!という
    データかもしれない。

  • Freakonomicsのほうが面白かったよね、当たり前かもだが。
    コンセプトは同じ、ただ少し低俗。

全5件中 1 - 5件を表示

Steven D.Levittの作品

SuperFreakonomics: Global Cooling, Patriotic Prostitutes, and Why Suicide Bombers Should Buy Life Insuranceを本棚に登録しているひと

ツイートする
×