The Long Winter (Little House)

  • HarperCollins
4.00
  • (4)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・洋書 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780064400060

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • YL: 4.5-5.5
    66,993語

    総語数:7,288,671語
    総冊数:511冊 (2015.9.18/11歳2ヵ月)

  • 壮絶な長い冬との闘い。家から出られず、小麦も薪も尽き、村中餓死一歩手前のすさまじさ。想像を絶する状況でも決して希望を失わず、出来ることをして必死で生きる姿勢に頭が下がる。
    薪が尽きて干し草をねじって薪がわりにしたり、小麦を一粒ずつコーヒーメーカーでひいてパンを焼いたり。
    すごすぎる。

  • シリーズも6冊目。電気もない時代に、零下40度の長い冬。タイトルどうり、まさに長い長い冬。雪で線路がうまり列車が来なくなった小さな町は陸の孤島。次第に食べ物も燃料もなくなって来ます。この時代だからこそ乗り越えられたのだろうなと思わせるお話だった。やっと春が来たときの喜びがあふれている。

  • 天井からつきでた釘が寒さのために凍って真っ白になっていたり、窓から外を見ても何もみえなかったり。
    学校にいる間にブリザードに襲われて、必死で家に帰ったり。
    生きていることが死ぬことと隣りあわせです。
    ちょっとはらはらしながら読み進んでいます。
    でもやっぱりそこにはあたたかいしあわせもあるのです。
    前半部での大好きな部分、エドワーズさんと偶然に再会したときの話では、エドワーズさんの人となりと気持ちに涙がとまりませんでした。

全7件中 1 - 7件を表示

Laura IngallsWilderの作品

ツイートする