Caleb's Story (Sarah, Plain and Tall Saga #3)

  • HarperCollins
3.97
  • (14)
  • (3)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・洋書 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780064405904

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 14,333語

  • Sarah,plain and tallシリーズ3作目です。

    Annaが街に働きに行くときに、Calebに日記を託します。
    お父さんがAnnaを街に送っているときに、Jacobに会いに見知らぬ老人が訪れます。

    老人とJacobの確執で家がギスギスしているときに、Sarah、Caleb、妹のCassieの行動に笑ってしまったり、しんみりしたり・・・
    Calebが大人になったなーと序盤で思ったものの、泣き虫は相変わらずなのを見てホッとしました。観察力があるし、相変わらず良い子だー。

    最後は収まるべきところに収まったという感じでした。
    日記もCalebらしく素朴でした。
    次作はCassieが日記の書き手らしいので、それも楽しみです。

  • ブログ内の感想記事、↓

    http://yukaffe.blog27.fc2.com/blog-entry-950.html

  • YL3.5 / 14,333w
    Sarah, Plain and Tall #3
    out

  • Sara, Plain and Tallのシリーズです。

    私はこのシリーズの中で、これが一番好きです。
    朗読CDもあって、何度も聞いています。
    初めてこの本を読んだ時と同じく、CDを聞いて
    号泣しました。

    Calebとおじいさんのやり取り。
    そしてPapaとおじいさんの思いとすれ違い。
    もう説明の言葉は不要だと思います。
    とにかく読んで欲しいです。

    この本について、アメブロでも書いています。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/entry-10176904637.html

  • ○あらすじ
    家を出ることになったAnnaから日記を託され、
    日々の出来事を書き残すように言われたCaleb。
    お父さんとお嫁に来たSarahの間に妹のCassieも生まれ、
    幸せに暮らしている彼らには、
    もう日記に書くような出来事は起こらないだろうと思っていたCalebでしたが、
    ある日、納屋で見知らぬ老人を見つけて…。
    (あらすじは参考程度でお願いします。)

    ☆感想☆
    久しぶりに読みました。
    Sarah, Plain and Tallシリーズ、第三巻です。

    この本から、語り手がAnnaからCelebに変わります。
    外の世界では、欧州での戦争、インフルエンザの蔓延など、
    心配が絶えない状況の中、それでも家族揃って幸せに暮らしているSarahたち。
    ある日、CalebとCassieが納屋で出会った見知らぬ老人の出現により、
    二人のお父さんJacobの暗い過去が明らかになります。
    いつもは優しいお父さんが、すごく頑固な一面を見せて、
    Sarahのアドバイスにも聞く耳を持ちません。
    老人とお父さんのいつまで経っても距離の縮まらない関係に
    読みながら不安になってしまいました。

    CalebとCassieが老人と仲良くなろうとする
    小さなエピソードが、可愛らしくてとても印象的でした。
    やっぱりこのシリーズ、
    図書館で読むのは危険です…涙を堪えられません(苦笑;

  • I finished reading "Caleb's Story". It's a sequel story to "Skylark". The book is written by Caleb. After Anna graduated school, she had started to work in a town. In the family, they had a new face, baby girl called Cassie. Cassie was curious about anything. One day she discovered a guy. The guy was their grandfather whom people believed in his death.

    Third book has also some events, but through the problems, they make their relationships stronger.

  • YL3.0-4.0 語数14333w 第3巻。Annaは働きながら学業を終えるため町へ。家族に妹が生まれ、兄となったCalebが綴る形で物語は続いていく。ある日死んだと思っていたJacob(Papa)の父が現れる。遠い昔に家族を置いて出て行った父をJacobはどうしても許すことができない。

    祖父と父がなんとか仲直りをしてくれたらと願う、家族の懸命な愛情が読み取れます。祖父が手紙一つ書かなかった理由が明かされる場面、Sarahが猛吹雪の中を助け出される場面など、大草原で繰り広げられる哀しく美しいエピソードが満載の第3巻。
    最後の場面のやり取りが素敵で文章を書きとめました。わくわく楽しみながら読むという内容ではないですが、続きが読みたくなります。
    (Sarah, Plain and Tall #3)

  • 続けてこの巻も一気読み。
    この巻はとりわけよかった。続きの巻も買わなくては。

全16件中 1 - 10件を表示

PatriciaMacLachlanの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×