The Trumpet of the Swan 50th Anniversary

著者 :
  • HarperCollins
3.53
  • (4)
  • (1)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・洋書 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780064408677

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 生まれつき声を出せない白鳥が生まれてきて、そのハンディを克服し、好きな女性と結婚、家族を持つまでのお話。作者は映画スチュアート・リトルの原作者。
    人間と白鳥が普通に交流するというドリトル先生のような内容で、お父さんとお母さんが巣をつくるところから始まる長い長い童話ながら、読みやすい英語で、そんなに苦労せず読破できた。俺様的だが、なんとなく憎めない白鳥のお父さん、しっかりもので冷静な白鳥のお母さん、一生懸命に生きようとする主人公の白鳥ルイス。子供向けの話ながら、人物描写が面白くて引き込まれた。アメリカ、カナダの情景もしっかり描いてあって、そこも興味深い。ちなみにトランペットスワンというのは日本名ナキハクチョウ、基本的に日本には飛来しないらしい。この本を読んだ後は、鳴き声が聴きたくて思わず、Youtubeを検索。確かにトランペットに似た声かも。

  • YL: 4.5
    40,634語

    総語数:3,772,263語
    総冊数:367冊 (2014.10.10/10歳2ヵ月)

  • よい英語、美しい英語とはこういう英語のことを言うのだなぁと思った。

    物語の面白さも抜群。単に夢と希望だけではなく、アイロニーもそこここにちりばめられていて、大人でも(多分)十分楽しめる本。絵本=こども(=読むに価しない。浅い)という先入観さえなければ)。

    鳴くことができない(しゃべれない)Louisがどうやってコミュニケーションの手段を獲得していくか、そしてそれをどう使うか(こっちの方が多分もっと大切)。自分の意志を持つという事の意味。本当に賢いってどういうこと?

    などなど、いろんなテーマが盛り込まれています。もちろん大人の営利主義や自然破壊なども読み取れるけど、そこはスルーした方が物語の楽しさを満喫できると思う。

    イラストがとても素敵です。

    さすがE. B. White。

  • I loved this book. it was the best book I have ever read! It was about a swan getting a trumpet from a boy and learning how to play it. then the swan became famous and played the trumpet everywhere in front of an audience. but he fell in love with a female swan at a zoo and he found out that she had to be killed! so he makes up a plan to save her. and finally they flew to a lot of places and married. they had children and the swan gave the trumpet to the biggest child.

  • I finished reading "The Trumpet of the Swan" in English today. The book is written by one of my favorite authors, E. B. White. He wrote "Charlotte's Web" and "Stuart Little". All of them are children books, but I really enjoyed reading them.

    The book, "The Trumpet of the Swan" was my Texan friend's recommendation. In Japan other two books, "Charlotte's Web" and "Stuart Little" are very popular, but this book isn't well known among us. Therefore, if he didn't suggest me it, I couldn't meet the book. I appreciate him.

    The book is filled with humor. Who can imagine, if a trumpet swan has no voice, he should blow a trumpet? I love the idea. Who also can think that when the trumpet swan has no voice, he should go to a human school to communicate with people in writing. I really love the original idea. I think E. B. White's books are rich of wits. Therefore, not only children but also adults can enjoy reading them. Although his writing style for children is very simple, but his writing English is very lovely. I can learn many pretty sentences from these books. Therefore, I would love to recommend these books to all English learners.

  • 私の学校は教材として取り扱っています。
    先生には人気らしいんですが、生徒には不評でしたね。
    <br>
    前半は別に面白くないです。
    なんというか、描写がやけに長かったり・・・テンポが悪いんですかね。
    後半は展開が速くなるので結構スラスラ楽しく読み進められます。

  • ●YL(平均):4.5 ●総語数:43,000

  • Charlotte's Webの著者の作品です。チョット読み進めていますが、ツボです♪

  • 醜いアヒルではなく、鳴くことのできない白鳥の話。声が無ければ歌えない、歌えなければ求愛できないという悲しい現実を突きつけられた白鳥は、自分で文字の読み書きの能力を取得し、首からホワイトボードを提げながら『I Love You』と求愛してみますが、成功せず。もう無理かと思われた時、白鳥は思わぬ物と出会うのです。とにかく悲しい話です。そして、白鳥の一生懸命な姿が何とも言えません。

全9件中 1 - 9件を表示

E. BWhiteの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×