Prince Caspian (full color) (Chronicles of Narnia)

著者 : C. S. Lewis
制作 : Pauline Baynes 
  • HarperCollins (2000年8月22日発売)
3.86
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780064409445

Prince Caspian (full color) (Chronicles of Narnia)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ナルニア国物語 第4巻「カスピアン王子のつのぶえ」。

    4人の王による黄金時代が終わってから数百年後、ナルニア国はTelmarines族の統治下にあった。

    古い時代は忘れ去られ、アスランの名前は口に上らず、話せる動物やフォーン、ドワーフたちは迫害を避けて森に隠れ住んでいた。

    王子カスピアンは、そんな彼らを糾合し、ナルニア国の回復の戦いを挑む。しかし戦いに敗れ、ナルニア国は存亡の危機に陥る。

    窮地のカスピアン王子は「ルーシーの角笛」を吹いた。どこにいてもかならず助けがやってくるという魔法の角笛だ。

    その角笛によって、ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人は、ふたたび、ナルニア国に呼び戻されることになった。かれらが冒険から帰ってきて1年後のことだった。

    こういう筋立てだから、面白くないわけがない。
    ひょっとしたら最初に書かれた書かれた「The Lion, the Witch and the Wardrobe」(ライオンと魔女)より面白いかも。

  • YL: 8.0
    44,740語

    総語数:12,249,722語
    総冊数:585冊 (2016.10.21/12歳3ヵ月)

  • 気づけば7巻全部読破、になるとは思わず。
    映画や日本語訳では出版順になっているけど、時系列順で読むほうが理解しやすいかと。
    一通り読み終わって数年たつ今でも、ふと英語に触れたくなると、思い返して読んだりする。
    初めて読むときは、日本語訳版を先に読んでストーリーを頭に入れてから読むと、いきなりよりは読みやすいかも。

  • Sometimes I found the sentences hard to understand. I think this book is a little more difficult than The Lion, the Witch, and the Wardrobe.
    Also, It's so sad to imagine that Peter and Susan will never meet Aslan again.

全4件中 1 - 4件を表示

Prince Caspian (full color) (Chronicles of Narnia)のその他の作品

C. S. Lewisの作品

Prince Caspian (full color) (Chronicles of Narnia)はこんな洋書です

Prince Caspian (full color) (Chronicles of Narnia)を本棚に登録しているひと

ツイートする