Love That Dog: A Novel

著者 : Sharon Creech
  • HarperCollins (2008年4月8日発売)
3.94
  • (6)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・洋書 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780064409599

Love That Dog: A Novelの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • The year before hate that cat.

    I understand about Sky. I love Jack`s poem about Sky`s death. It is beautiful.

    Jack is a sensibly boy who have many talent.

    The audiobook is so so.

    詩は嫌いと言いながら、割と最初からいっぱしの詩人気取りで、詩を発表する時の装丁にこだわるのがかわいい。

    If you want to know the reason of Jack hated poems. Read Hate That Cat.

  • 途中はわからない部分が多い。最後の最後で感激。涙が出ました。犬が好きな人にはお薦め(Mic)

  • ブログ内、感想記事、↓

    http://yukaffe.blog27.fc2.com/blog-entry-1130.html

  • 詩なんて書きたくない!
    だって、女の子が書くものだもん!

    詩が嫌いな男の子、Jack。
    「書きたくない」と言いながら、
    実は自分でも気付かぬうちにそれが詩になっていたりw

    そんな彼が、授業で色々な詩を学んでいく中で
    詩の面白さに気付き、自分の気持ちや大好きだった犬のことを
    詩にしていきます。

    私も詩を書くの苦手なんですよねぇ…。
    小学生の時、いやに詩を書く授業が多かった気がします…
    そのたびに、なぜか詩じゃなくて、
    どうしても文章になってしまって、
    イマイチ書き方が分からなかった記憶があります(苦笑

    この作品は、Jackが先生に提出するレポート(?)形式、
    それも詩のように短く書かれていて、
    説明もなく、文章はものすごくシンプルです。
    最初は、主人公がJackという名前で、
    詩が嫌いということしか分かりませんが、
    読んでいくと、少しずつ彼のことが分かってきます。
    ちょっと違いますが、
    「Dear Mr. Henshaw」を思い出しました。

  • 詩なんて書きたくない。
    男が書くものじゃないし、
    第一、詩書き方なんか解らない。
    絶対、書けないよ。

    そんなJackが、少しずつ、詩を好きになり、
    少しずつ、自分の中の思いを詩に綴っていく。

    最後の方で、Jackがずっと書いてきた詩のすべてが一つに繋がった時、Jackの心をずっと占めていた一つの思いがわかったとき、胸が痛くなるくらい切なくなった。
    死を扱っているのに、せつなさ以上に、なんとも言えずあったかい。


  • みちるさんお薦め

全7件中 1 - 7件を表示

Love That Dog: A Novelのその他の作品

Love That Dog Kindle版 Love That Dog Sharon Creech
Love That Dog ハードカバー Love That Dog Sharon Creech
Love That Dog ペーパーバック Love That Dog Sharon Creech

Sharon Creechの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Love That Dog: A Novelはこんな洋書です

ツイートする