The Wanderer

著者 :
  • HarperCollins
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780064410328

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ○あらすじ
    13歳のSophieは、海と船が大好きな女の子。
    ある夏、彼女は三人のおじさん、Stew、Mo、Dock、
    そして二人の従兄弟BrianとCodyと一緒に大西洋を渡り、
    イギリスに住むおじいちゃんのところまで航海に出ることになります。
    彼らを待ち構える冒険に胸躍らせるSophieでしたが、
    これは彼ら自身を見つめなおす旅でもあったのです。
    (あらすじは参考程度でお願いします。)

    ☆感想☆
    Sharon Creechの作品です。
    返却日が迫っているので、少し焦って読んでいたんですが、
    読みながら、彼女の作品はもっと腰を落ち着けてゆっくり読まないと
    作品の良さや深みが感じられないんだと気付き、スピードを落としました。
    ゆっくり、Sophieたちと一緒に船に乗って、波に揺られ、
    島に降りて散策をしたり…
    そういう気分で細かい部分も見逃さずに読むのがポイントかもしれません

    Sharon Creechの作品って、あらすじや感想が書きにくいんです;
    下手するとネタバレしてしまいそうなので…;;

    ストーリーとしては、
    SophieとUncle Moの息子Codyの航海日誌形式で進んでいきます。
    男ばかりの船に乗り込んだ唯一の女の子で、船に詳しいSophie、
    心配性で、規則正しくリストマニアなUncle Stew、
    父親そっくりのBrian、いつも息子をガミガミ怒っているUncle Mo、
    いつもチャラチャラしていて真剣にならないCody、
    一番落ち着いているけれど、内心が掴めないUncle Dock。
    最初はバラバラだったこの六人が、航海を通じて団結し、
    また新しい自分を見つけていきます。

    でも、実はこの航海…
    大きな謎が隠されているんです。
    Sophieが記憶の奥底にしまいこんだ秘密とは?
    Uncle Dockが航海に出ようと思った本当の理由とは?
    「Walk Two Moons」と同じく、
    色んなエピソードが謎を解くカギとなっていきます。

    船に関する用語が多いので、読みにくいところもありましたが、
    英語的には「Walk Two Moons」と同じくらいだと思いました。

    Bravo-Yankee-Echo-Bravo-Yankee-Echo.
    ↑Codyの真似ww

  • ニューベリー賞オナー入賞作
    調布市図書館

  • 0407/YL:4.5/55,000語/総語数3,345,304語/

  • 多読21冊目。
    Sophieは秘密を抱えつつ大好きな海へ。

    Keyword:従兄弟、伯父、両親、祖父、海

    語数:55,000 from 図書館

全4件中 1 - 4件を表示

SharonCreechの作品

The Wandererを本棚に登録しているひと

ツイートする
×