The Grouchy Ladybug

著者 : Eric Carle
制作 : Eric Carle 
  • HarperCollins (1996年8月16日発売)
3.53
  • (3)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・洋書 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780064434508

The Grouchy Ladybugの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 態度はでかいけど小心者なテントウムシが、いろんな相手にけんかを売っては、けんかになる前に逃げ出して、くたくたになったときに、友達と出会う話。

    身近な自然のことや時計の読み方、時間ごとの太陽の位置などを自然に学べる。楽しい仕掛け絵本。そして絵も素晴らしい。

    エリック・カールの絵本は、一冊で5粒くらいおいしい。もっとかも。

  • ごきげんななめなテントウムシが、つぎつぎと大きな相手にケンカ売っていきます。
    「もっとでかいヤツ出てこいや~」な彼がなんだかかわいい。

    色彩美しく、仕掛けも楽しい。
    いままで読んだエリック作品の中で一番好きかも。

    昆虫&海の生き物好きな息子にはぴったりであろう。
    夜読んであげとようっと。
    words:1,052

  • 立ち向かいかける相手がどんどん大物になっていくノが面白い、仕掛け絵本。最後はハッピー。

  • 時計の読み方が覚えられる、とのことで借りてみました。

    テントウ虫がページをめくる度(1時間毎)にいろんな動物にケンカを売っていきます。
    ケンカを売る相手は徐々に大きくなっていき、最後には地球上最大の生物相手に・・・

    ばしーーーんと(←仕掛けページ)

    吹っ飛ばされています。(あ、まだ生きてる・・・)

    あ、そういえば時計・・・。あれ?

    絵が存在感あふれるエリックカールなので、時計が空気でした。

  • YL 2~2.5
    812語

  • 語数[] 
    【京都市の蔵書図書館】伏中 南

  • 851語

  • エリックカールの本です。ひねくれ者のてんとう虫君が、色々な昆虫や動物に喧嘩をいどむ旅に出ます。でもいつも尻込みしてばかり。最後には、初めに優しくしてくれた、フレンドリーなてんとう虫君の元に帰り、温かく迎えてくれた、フレンドリーなてんとう虫君と仲良く過ごすというお話しです。心安まる所に帰るっていいなって思える本です。

全8件中 1 - 8件を表示

The Grouchy Ladybugのその他の作品

The Grouchy Ladybug 学校 The Grouchy Ladybug Eric Carle
The Grouchy Ladybug 図書館 The Grouchy Ladybug Eric Carle
The Grouchy Ladybug 図書館 The Grouchy Ladybug Eric Carle

Eric Carleの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

The Grouchy Ladybugはこんな洋書です

ツイートする