Days with Frog and Toad (I Can Read Level 2)

著者 :
制作 : Arnold Lobel 
  • HarperCollins
4.15
  • (86)
  • (34)
  • (57)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 295
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・洋書 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780064440585

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [墨田区図書館]

    ゆうめいな、「がまくんとかえるくん」シリーズの一冊。著者名、有名シリーズとしてのシリーズ名、コンセプト、とかなりぼや〜っと知ってはいたもののなかなか日本語ですら読む機会を設けず、子どもの教科書に「お手紙」の話が載ってから、日本語版、次いで英語版と借りてきた一冊。

  • 邦題 : ふたりはきょうも

    「The Hat」と「Alone」の話が素敵。
    Aloneの話では、ぐしょぐしょのサンドイッチを2人で食べたシーンがグッときますねぇ。

  • Moodle Readers Level 2

  • Tomorrow
    The Kite
    Shivers
    The Hat
    Alone

    今までに読んだFrog and Toadシリーズの中で、一番好き。

  • さらりと読めた。これぐらいの英文は大丈夫やな。

  • Frog and Toad4作目。知らずに読んだけど、あまり順番は関係ないだろう。帽子のお話にふたりの安定した関係を特に感じるし、お互いいい友だちでいいなと思う。
    でも全体的には、一作目がずいぶんよかったので、同じシリーズでもやはり受賞作は秀逸ということかな。

  • 凧がうまく飛ばなくても、諦めず挑戦すれば飛んでくれる。凧揚げのThe Kiteのエピソードが印象に残ったなぁ。

  • ほのぼの。
    いつもいやされるFrogとToadの優しい友情。
    お互いを思いやる精神は、不滅ですね。
    無二の親友とは。
    いい話ですよ。

  • 高校入学前の春休みに購入して、途中までしか読めなくて放置。
    3年後の大学入学前の春休みの今、本の存在を思い出して読んだ。
    まず、すらすら読めたことに感動。3年間勉強してきた甲斐が出てるなと思った。

    フロッグとトードの絶妙コンビ。
    The Hatで大きい帽子をかぶるトードの絵にキュンとなった。
    Aloneでフロッグのことを心配するトードも可愛い。

    当たり前のことだけど、理解して読めたらおもしろい。

  • 微笑ましい二人が大好きです。

    http://eisekatadokuroom.seesaa.net/article/408116009.html

全69件中 1 - 10件を表示

Days with Frog and Toad (I Can Read Level 2)のその他の作品

Arnold Lobelの作品

Days with Frog and Toad (I Can Read Level 2)を本棚に登録しているひと

ツイートする