The Case of the Puzzling Possum (An I Can Read / Reading 2 with help)

  • 31人登録
  • 2.94評価
    • (1)
    • (4)
    • (8)
    • (3)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : Cynthia Rylant
制作 : G. Brian Karas 
  • Greenwillow Books (2002年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780064443166

The Case of the Puzzling Possum (An I Can Read / Reading 2 with help)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • YL 1.2
    1,133語

  • Chinthia Rylantの本です。
    うさぎのBunnyとあらいぐまのJackの探偵もの。
    これは第3巻です。
    二人のほのぼのとした掛け合いが楽しいです。

  • ウサギのBunny BrownとアライグマのJack Jonesという
    探偵コンビによる子供向けミステリシリーズ3作目。
    二人のちょっとした口論から始まる定番スタイルから始まります。
    消えては戻ってくるトロンボーンの謎を解く物語。
    いつもはJackが手がかり集めをするはずなんだけど、
    今回はBunnyが手がかりと謎解きの両方を担うことに。
    理由は読んでからのお楽しみ。
    平易な英文なので、読みやすいです。
    オチには強引さを感じるけど、この世界観ならありかな。
    にしても、この二人、毎回失せ物探しをしてるけど、
    それ専門の探偵なのかしら?
    少しずつ明かされる二人の趣味嗜好が面白くもあるので、
    続刊も読んでみようと思ってます。
    今現在、5、6巻が入手困難なのが悲しい。増刷希望!

  • YL1.2-1.6 語数1133w 楽器店のMr.Rileyから商品のトロンボーンの件で依頼が来た。どういうわけかトロンボーンは、なくなったりまた出てきたりする。Jackは話を聞いているだけで目を回してしまう。

    第3巻も、BunnyとJackのくすっと笑えるやり取りから始まります。それにしても、あい変わらず頼りなくて情けないJack。出てくる食べ物は、今回はお店ではなくて地味だけど、温かいものが2種類。タイトルのpossumがイラストからはわからず、辞書を引いた。日本語では「フクロネズミ」

    一話読み切り。シリーズ全8巻。(5,6巻は入手困難)
    (The High-Rise Private Eyes #3)

  • 季節は冬。今日はJackがBunnyの家に来ている。すると電話が鳴り、Bunnyが電話に出ている間、Jackはココアを作りながら聞き耳を立てている。どうやら事件らしい。Riley氏の楽器店で、誰かがトロンボーンを取っていき、次の日に戻していくというのだ。早速二人は現場へ向かう。

    今回もまたかわいさ倍増。Jackのセーター姿がたまらない。しかもそのドジっぷりが全開である。ただ今回の犯人は、ううむ、いいのかそれで。Bunnyの観察眼と推理力には脱帽。

    読了日:2007年1月16日(火)

  • The High-Rise Private Eyes #3
    Mr.Rileyの楽器屋さんから、トロンボーンが消えては現れる・・・。BunnyとJackは少ない手がかりからこの事件の解決に乗り出します。ボタンの前振りは何だったんだろう??などなど、突っ込みどころが多く、ぼけがいまいち掴めず、短くあっけない展開なので★ひとつ。1130wd

  • YL:1.2〜1.4
    語数:1133

  • 75冊目 YL;1.2-1.6 語数;1133

全9件中 1 - 9件を表示

The Case of the Puzzling Possum (An I Can Read / Reading 2 with help)のその他の作品

Cynthia Rylantの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

The Case of the Puzzling Possum (An I Can Read / Reading 2 with help)はこんな洋書です

ツイートする