As I Lay Dying

著者 :
  • Vintage Classics
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・洋書 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780099479314

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (#35)faulknerのas i lay dying読み終わりました。…。なぜ、最も愛に満ち溢れてる人間が不幸な結末を迎え、最も情けない男が幸せを掴むのか。なぜ、誰も誰の事をも救えないのか。読み終わった時は涙がこぼれました。darlの「人が存在する、生きているとはどういう意味なのだろうか」という言葉には鳥肌が立ちます。世界のリアルなあり方が、着色なしで直に伝わってきます。まさに名作、傑作。

  • フォークナーの「言語」というものに対する思いが結実した作品。15人の語り手による全59の断片的な独白から成るという特殊な構成をしているが、フォークナーの長編の中では短いほうで、とてもよくまとまっている。

    父権的言語秩序のlackを開示するものとしての母Addieがあらゆる意味でこの小説の中心となっており、Addie自身の悲劇と、その母に愛されなかった子供たちの悲劇が読者の胸を打つ。特に母に愛されなかったがためにあまりにも多くのことを見、知ってしまったロマンティックな言語観を持つ「seer」Darlが狂気へ追いやられる様は強烈な印象を与える。一方で、どんでん返し的に用意されたラストシーンのアイロニーも痛烈である。

    この小説は是非英語で読んで欲しい。Darlの、そしてその他の人物たちの用いるような悲しく痛ましいbe動詞にはなかなかお目にかかることができないだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

WilliamFaulknerの作品

As I Lay Dyingを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする
×