For Whom The Bell Tolls

著者 :
  • Arrow
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・洋書 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780099908609

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 理解度低く、大筋しかわからず。

  • 戦争という極限状態にあって、人間の汚さもしょうもなさも極まるなかで、ロベルトの心が自身の中で行きつ戻りつしながらも人生をいとしく受け止めるところが好き。こんな光明を残したヘミングウェイの、奥深いやさしいまなざしを感じた。

    原書で読んだが、視線を追うように一文が途切れないこと、抽象的な言葉づかい、戦争や自然に関する特殊な単語の多さで、難しかった。

  • あの終わり方は神だと思う。
    ラストシーンの主人公のセリフと、体勢と、情景ぜんぶで
    物語全体が完全な円形になっているとは知りませんでした。
    辿り着いた場所は死であるのに、最後の一文の中心が「鼓動」でしびれた。

全3件中 1 - 3件を表示

For Whom The Bell Tollsのその他の作品

For Whom the Bell Tolls (English Edition) Kindle版 For Whom the Bell Tolls (English Edition) Ernest Hemingway
For Whom the Bell Tolls ペーパーバック For Whom the Bell Tolls Ernest Hemingway

Ernest Hemingwayの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

For Whom The Bell Tollsはこんな洋書です

ツイートする