Animal Farm: A Fairy Story (Essential Penguin)

著者 :
  • Penguin
4.37
  • (10)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・洋書 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780140278736

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Some said this book was a satirical novel.
    I think so, too.
    I enjoyed reading this book, but on the other hand, it helped me to know about the era of communism in Russia.

  • 分かりやすい英語で書かれている上、かなり執筆当時の共産主義に対する風刺がきいていて、単なる文学作品では終わらないところがさすがの一言。

  • 高校の頃、英語の勉強に使っていた本。

    ジョージ・オーウェルのこの本は
    ロシア革命および共産革命下の旧ソ連をモデルに描いた
    という政治的メッセージの強いものだが、
    物語として普通に面白い。

    英語の表現もきれいで読みやすく、
    毎日覚えるくらい音読してました。

  • The most intriguing book I have ever read. Short but lots of wow factors.

  • 主義・主張は「似て非なるもの」かもしれないが、利己的になればなるほど単純な「欲望のヒラエルキー」となりうるんだよね。

  • 再読。旧ソ連の社会主義体制を動物になぞらえて風刺した小説。半世紀以上も前に書かれた小説なのに、とても身近な話に思えるのが不思議なところである。

  • ジョージ・オーウェルの名作「動物農場」。共産主義体制を痛烈に皮肉った寓話ながら、支配者の狡猾さと支配されてしまう側の無知さなど、人間そのものがおちいりがちな姿を登場する動物達によってまざまざとみせつけられます。

  • Orwellの名作。人間を動物に見立て、当時のスターリン主義を批判。

全10件中 1 - 10件を表示

GeorgeOrwellの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×