Bridget Jones: The Edge of Reason: A Novel

  • 27人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (4)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : Helen Fielding
  • Penguin Books (2001年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780140298475

Bridget Jones: The Edge of Reason: A Novelの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

  • "Today I bade farewell to being a Singleton. But although I am now a Married I promise not to be a Smug one. I promise never to torment any Singletons in the world by asking them why they've still not married, or ever say 'How's your love life?'" Love Jude. Hurrah to Singletondom!!

  • 英語勉強用の軽い読み物としてはおすすめ。前作より内容は深くなっている。ギャグなどは相変わらず下品だし、ところどころ人種差別的な表現もあるが。英国人女性の結婚・恋愛観や仕事への考え方などの勉強にもなる…自分次第で。

  • 日記の続き。
    日記の方が面白かったけど、これも悪くない。


    【自主的に購入】

  •  7:15 a.m. Hurrah! The wilderness years are over.

  • 面白そうということなら、これ。
    「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編。

  • 続編は、割とストレートに面白く読めました。この頃(5年くらい前)から、気合を入れて読むと、本によっては一晩で読めるようになり、感慨深い。という意味で思い出の一冊。

全6件中 1 - 6件を表示

Bridget Jones: The Edge of Reason: A Novelのその他の作品

Bridget Jones: The Edge of Reason ペーパーバック Bridget Jones: The Edge of Reason Helen Fielding
1-033051217Xの詳細を見る ペーパーバック 1-033051217X Helen Fielding

Helen Fieldingの作品

Bridget Jones: The Edge of Reason: A Novelはこんな洋書です

ツイートする