Young Cam Jansen and the Dinosaur Game

著者 : David A. Adler
制作 : Susanna Natti 
  • Penguin Young Readers (1998年7月1日発売)
3.48
  • (3)
  • (5)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・洋書 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780140377798

Young Cam Jansen and the Dinosaur Gameの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • YL1.5
    1,248語

    最後の記憶力ゲームが楽しかったです♪

  • カメラ並みの記憶力を持つCam Jansen。友達の誕生日パーティー会場で、びんの中にあるおもちゃの怪獣の数当てコンテストがありました。そこでぴったりの数字を当てたRobertを不審に思う彼女は推理を始めます・・・。子供向けのお話なので、すべてまあるく収まり平和なラスト。1248wd

  • ○あらすじ
    友達の誕生会に呼ばれたCamとEric。
    ビンの中に入っている恐竜の人形の数を当てるゲームを
    みんなとしていた二人でしたが、
    その結果を聞いたCamは、疑問を持ちます。
    どうやら誰かがズルをしたようで…。
    (あらすじは参考程度でお願いします。)

    ☆感想☆
    Young Cam Jansenシリーズです。
    Cam Jansenシリーズも読んだことがないんですが、
    図書館にこの一冊だけ置いてあったので、借りてみました。

    見たものを写真のように記憶しておけるCam。
    でも、今回その能力は必要なかった気がしなくも…(苦笑

    短いですが、ストーリーはそれなりにしっかりしてました ;)

  • 恐竜の数を当てるゲームでどんぴしゃの数を当てた子の嘘を見抜くCam。エリック、ちゃんとみんなに分けてあげるなんて、えらーい。

    SSSレベル1
    PER2: Puffin EASY-to-READ Level 2 (YL 0.8-1.2)  総語数 1248語

  • 1248語

  • YL1.2-1.4 語数1248w

  • キャムとエリックがでかけたバースディ・パーティ。
    ジャーに入った恐竜の模型の数当てゲームが行われますが、ピッタリ当てた人がいて・・・・

    Young Cam Jansen シリーズ第一弾。
    驚異の記憶力を持つためカメラとあだ名されるジェニファー登場です。
    このシリーズでは毎回ジェニファーについての説明が冒頭に出てきます。

  • <pre><center>[YL:---][PER:レベル2][語彙レベル:---語][語数:1248語]

    ----------読了:2008/03/27 総単語数:205,908語----------</center></pre>

  • 71冊目 YL;1.2-1.4 語数;1248 ☆10万語到達本

  • 1248

全14件中 1 - 10件を表示

Young Cam Jansen and the Dinosaur Gameのその他の作品

David A. Adlerの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Young Cam Jansen and the Dinosaur Gameはこんな洋書です

ツイートする