A Long Way Down

著者 : Nick Hornby
  • Penguin Books Ltd (2006年4月6日発売)
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・洋書 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780141025773

A Long Way Downの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大晦日のロンドンの夜。とあるビルの屋上にそれぞれの問題を抱えてやって来た4人‐Martin, Maureen, Jess, JJ。みんなその夜に自殺しようと思って屋上に上がってきたのに、他の3人と鉢合わせになってしまい…。

    という、面白い設定。4人それぞれの視点で順に話が進みます。この作家 Nick Hornby は、"About a Boy"とか"High Fidelty"とか書いてる人なんですねー。作品読んだの初めてだったけど、個々の回想シーンとか熟考シーンとか、ウィットが富んでて面白かった!でも、Jessの爆弾キャラは、読んでるだけでもイライラする(笑)こんな子が実際にいたら、絶対仲良くできそうにないな…(^^;)

    自殺を考えるまで追い詰められた人達の視点で語られるので、ハッピーな内容ではないんだけど、でも思いっきりhopelessなわけでもなく。このテンションでああいう独特な話が書けるっては、この作家ならではなのかな。他の作品も読んでみたい。

  • ☆Infinitum Nihil映画化権獲得

  • 大晦日にロンドンの自殺の名所で出会った自殺志願の4人の男女の視点で語られる物語.ホーンビィらしい語り口,ダメ人間への視点はやっぱり抱腹絶倒の面白さです.

  • 設定も面白いし、4人の様々な角度から物語が見られるから面白い。続きが気になって気になってどんどん読み進められる本です。

全4件中 1 - 4件を表示

A Long Way Downのその他の作品

A Long Way Down ハードカバー A Long Way Down Nick Hornby
A Long Way Down CD A Long Way Down Nick Hornby
A Long Way Down ペーパーバック A Long Way Down Nick Hornby

Nick Hornbyの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Nick Hor...
有効な右矢印 無効な右矢印

A Long Way Downはこんな洋書です

ツイートする