Death of a Salesman: Penguin UK Edition (Penguin Modern Classics)

著者 :
  • Penguin Classics
4.11
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 15
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780141182742

作品紹介・あらすじ

In the spring of 1948, Arthur Miller retreated to a log cabin in Connecticut with the first two lines of a new play already fixed in his mind. He emerged six weeks later with the final script of "Death of a Salesman" - a painful examination of American life and consumerism. Opening on Broadway the following year, Miller's extraordinary masterpiece changed the course of modern theatre. In creating Willy Loman, his destructively insecure anti-hero, Miller himself defined his aim as being 'to set forth what happens when a man does not have a grip on the forces of life.'

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • It depicts modern social malady although it was written way back in the old period.Great. This book triggered my love for foreign literature.

  • ト書きがおそろしく長く細かい。こんな長いト書き書いてもいいんだ!(笑)と、当時大学の演劇研で台本書いてた私は間違った方向へ勇気付けられた。ダスティン・ホフマンと若かりし頃のマルコビッチで映画化されてます。すごく良かった。

  • 戦後の家庭のあり方が,この辺りで既に壊れてきたんだななんて思ったりする。とりあえず戦後〜現在までを通してあまりにこの本で表現されている内容が普遍的だからこそ,ココロで理解できるのかもしれない。

  • "American Dream"を信じ続けた一人の男、
    交錯する家族・親友の想い、狂う歯車の回転。
    漂う雰囲気はとても重たくて、ああきっとこの時代は
    こういう人が多かったのだろう、そして、今も変わらず
    このような家族はあるだろうとリアルな感想を持ちつつ読める。

    授業中、本と平行してドラマも見たのですが
    Dustin Hoffman演じる主人公のWilly Lomanの演技には
    授業という概念を忘れて見入ってしまいました。1985年という
    古さは何でもないものでした。

    ラストは「本当にそれが最善の策」だったのかと嘆きたくなるほど。
    けれどその時代「ありえた」話をArthur Millerは描いたのだと
    思うからこそ、あれはあれで良い終わり方だったと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

ArthurMillerの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×