The Giraffe and the Pelly and Me

  • Puffin
3.47
  • (3)
  • (10)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・洋書 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780141302287

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わからない単語は多々あったけど
    絵が多いのですららーっと読めた。

    最後の方お菓子工場になっててわろた。

  • キリンとペリカンとおサルさんの窓掃除屋さん。

  • YL3.0-4.0 語数6823w 少年はお菓子屋さんだった古いビルをいつも眺めている。いつかお店を持つのが夢なのだ。ある日ビルからキリン、ペリカン、サルが現れて自分たちは「窓ふき会社」だと言う。キリンの長い首ははしご、ペリカンの口ばしはバケツ、サルが窓を拭く。少年も手伝うことになり、国一番の大金持ちのお屋敷へ仕事に向かう。

    ストーリーが子供向けのせいか、あまり入り込めませんでした。でもとてもかわいらしい設定なので、ドリトル先生など動物ものが好きな人や子供なら楽しめるのでは。
    カラフルなお菓子が出てきたりと『チョコレート工場の秘密』のモチーフがたまに出てくる楽しみがあります。

  • 精読 未知語あり

  • Billyが出会った、キリン、ペリカン、おサルのトリオがはじめた‘ハシゴのいらない’窓拭き会社。
    最初の依頼は、677の窓がある大きなお屋敷の窓拭き。

    なんとも可愛らしい話。
    最後に出てくるお菓子も、すごく楽しい。

  • 首の長いキリンと、大きな口のペリカン、身のこなしの軽いサルで構成される窓ふき掃除隊。あるとき伯爵から掃除の依頼がきて――
    キリンの首がぐーんと伸びる場面では思わず笑ってしまいました。絵もたくさんあって読みやすいです。

    -----------------
    総語数:6,823語(計212,408語)

  • 2008年5月読了。キリンとペリカンとおさるさんが設立した窓ふき会社。挿絵が多く、文章が難しくないので初めての洋書にもピッタリの作品だと思います。

  • なんで猿は題名に入ってないんだろう。

  • 6823words
    奇妙な窓拭き屋のお話。
    文章も易しく、読みやすいです。

  • 元お菓子屋さんだったところの空き家にキリンとおさるとペリカンがお掃除しますという張り紙をします。
    あるところから掃除の依頼がきます。それは伯爵の豪邸…。

    面白い取り合わせですが、首が長いキリン、水をいっぱいためられるペリカン、動きが自由なおさるならではの組み合わせです。

    最後には泥棒まで捕まえてしまいます。
    本の中には歌も入っています。

    ダイヤモンドが盗まれたところでは…
    “My diamonds are over the ocean,
    My diamonds are over the sea, …
    どこかできいたことのある歌詞じゃありませんか?

    クインシー ブレイクさんの挿絵も面白いです。

    この本も100ページ以下で読めます。(78ページ)

全10件中 1 - 10件を表示

RoaldDahlの作品

ツイートする