James and the Giant Peach

著者 :
制作 : Quentin Blake 
  • Puffin
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・洋書 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780141304670

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Jamesは4歳の時に両親が死んでしまってから、意地悪な二人の伯母さんのもとで、辛い日々を送っていました。
    ある日Jamesは、庭で不思議な老人に出会い、不思議な魔法の結晶をもらいます。
    ところがそれを飲む前に、転んで桃の木の下にばら撒いてしまうのです…

    最初は、両親の死に方のあんまりさに、ちょっとびっくりだったんだけど、その後はとにかく楽しい。
    大きな桃にもぐりこんで行くのも、巨大化した虫たちも、桃に乗っての空の旅も。子どもの夢の集大成って感じ。
    そしてとにかく、桃がおいしそうで、おいしそうで…

  • The story about peculiar things happened on James, the poorest character ever in any other Dahl's book.

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

イギリス・ウェールズの首都カーディフ生まれの小説家(1916-1990)。
第二次大戦ではイギリス空軍のエース・パイロットとなり、その経験をもとに小説を書きはじめる。
「奇妙な味」と評される独特の余韻を持つ短編小説を中心に、児童文学も数多く残す。
ミュージカルや映画の脚本家としても活躍。
代表作に、短編集『飛行士たちの話』(1946)、『あなたに似た人』(1953)、二度の映画化で知られる長編『チャーリーとチョコレート工場』(1946)など。

「2017年 『MAN FROM THE SOUTH』 で使われていた紹介文から引用しています。」

James and the Giant Peachのその他の作品

Roald Dahlの作品

ツイートする