Diary Of A Wimpy Kid (Book 1)

著者 :
  • Puffin
3.97
  • (12)
  • (8)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 125
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 8601300117652

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • お母さんに日記を書くことを勧められたGreg。
    でも、彼が日記をつけはじめた理由は、
    自分の“気持ち”を書きたいからじゃない…。
    いつか大物になった時、
    「子供の時はどうだったか?」なんていう質問に答えなくても良いため。
    だって、この日記を渡せば自分がどんな子だったか分かるから(笑

    新学期初日から、一年を通じて主人公のGregが綴ったイラスト付きの日記です。
    いつも自分のことをからかってくるお兄ちゃんに、
    悪いことをしても、許されてしまう弟…。
    お金持ちで過保護な両親を持つ親友のRowleyは、いつもどこかズレてるし(苦笑
    特別、大事件が起こるわけではないけれど、
    終始日記のネタには尽きないGregのエピソードは、面白いものばかりでしたw

    もしかしたら、このイラストで敬遠する人がいるかもしれませんが、
    なぜだかこのシンプルすぎるイラストが表情豊かで面白い(爆
    一ページに一つはイラストが入っていて、
    いつの間にか最後まで読み終えてしまっていました :D
    SSS書評では、YL4.2になっていますが、YL3後半ぐらいでも読めそうです ;-)

  • 19,784語

  • このシリーズにハズレなし(*^-^*)

  • Lexile: 880L
    ATOS Book Level: 5.2
    Word Count: 19784

    BNC-COCA-25
    98%: 5000 word families
    99%: 6000 word families
    99.5%: 8000 word families
    Off-List: 4.19

  • wimpy とは ”弱虫の・無気力な・無能な・事流れ主義の”  等々否定的な意味をもつ言葉。

    しかしそんなwimpyな少年の日常がありありと綴られたこの日記は相当に正直で面白い。

    少年グレッグは3人の男兄弟の真ん中。
    兄貴にはからかわれ、両親が天使のように可愛がる弟にはかなわない。学校生活を生き抜くためには多少のズルもいとわず、親友には時に意地悪をするがその存在にすがってしまう。

    優等生ではなく、ごく普通にいそうなヤンチャな少年が書かれている。
    「おいおい考えが甘いんじゃないの。しっかりしなさい。くだらない事ばっかしてんじゃないの!!」と大人なら自身の子供時代を振返って自戒もありながら、つい叱っちゃいそうな少年なのだ。

    絵がまたいい。wimpy な子供たちが、とぼけた線画で表現されていて内容に合っていて読む助けになる。

    ただ生きた英語というのか、ちょっとわかりにく表現が多く児童書といえどスラングが多いのだろうか、私には読みにくく感じた。

    ノートに書かれた日記という体裁をとっているせいか、電子書籍用端末koboで読んでいるせいかわからないが、読んでいる途中、わからない単語や言い回しに出会った時に手軽に辞書をひいて調べられないのが不便だった。
    ただkindleに慣れていて、koboに慣れていないだけとも言える。

    なので結局、日本語版の「グレッグのダメ日記」を購入。シマウマ読みすることとなった。

  • I have heard a lot before that this book is really funny.
    Now I finally tried "Diary of a Wimpy Kid" series.

    This is all about Greg who is a middle school kid. He thinks he is cool but all he wrote are dumb things he did. It is funny and insanely stupid. Since this is written in conversation English, I learned many slang and idioms.

    Look forward to reading next one.

  • 中学生の非リア充的日記。

  • 「えんがちょ」文化がアメリカにもあることが分かります。

  • 『グレッグのダメ日記』の原書。

    多読用に使えそうです。

  • 巷の子供に長期的に大人気の本だから、ずっと読んでみたいと思っていました。図書館で借りてみた。笑えるー!!イケテない男の子、グレッグが日記に綴る日々。憎めないキャラで大笑いしました。

    • だいさん
      笑門来福
      いいですねぇ~
      笑門来福
      いいですねぇ~
      2013/04/15
    • reader93さん
      だいさん、コメントありがとうございます。
      これ面白いです!
      だいさん、コメントありがとうございます。
      これ面白いです!
      2013/04/20
全18件中 1 - 10件を表示

JeffKinneyの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Diary Of A Wimpy Kid (Book 1)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×