Diary of a Wimpy Kid: Rodrick Rules (Diary of a Wimpy Kid Book 2)

著者 :
  • Puffin
4.07
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・洋書 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780141324913

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • The second book of "Diary of a wimpy kid" series.
    This time is mostly about what happened between Greg and his brother, Rodrick.
    Greg always fight with Rodrick but at the end I felt their sibling tie. Of course, it made me giggled at the end:)

  • gooooooood

  • 多読には全くならないかもしれないが、会話力に影響があった。よくも悪くも。

  • 910L
    19762words

    再読

  • 19762

  • [図書館]
    読了:2012/10/12

    19762
    113.25

    絵が多くて読みやすいから読んでるけど…嫌なやつばっかやなぁ~(´Д` )

    p. 213 So the story went from me accidentally walking into women's bathroom at Leisure Towers to me infiltrating the girl's locker room at Crossland HIGH SCHOOL.

  • 第一巻が面白かったので、二巻も借りてみました。
    Diary of a Wimpy Kidシリーズです。

    Gregの日記も二冊目に突入です。
    今回、いつも喧嘩ばかりしているGregとお兄ちゃんのRodrickを心配して、
    あの手この手を使って、どうにか二人を仲良くさせようと頑張るお母さんたち。
    でもGregの立場からしたら、喧嘩の原因はいつも自分をからかってくるRodrickのせい!
    バンドの練習ばっかりして、宿題はやらないし…
    っていうか、見かねてお父さんが手伝ってるし(爆
    どうしようもないのはお兄ちゃんなのに、
    Gregが彼の真似をしようとしても、逆に怒られるだけ…。
    それに、Rodrickに弱みを握られていて、下手に告げ口はできないし…
    こんなの不公平だ!なんていうGregの悩みたっぷりの日記です(爆

    ただ、Gregもかなり意地悪…なんですよね(苦笑
    これまでRodrickの苛められ続けてきたからか、
    自分がされてきたことを、今度は弟のMannyにしようとしてるし…
    (でも、Mannyはすぐお母さんに言いつけるから上手くいかない;)
    Rowleyのことも親友だって言ってはいるけど、
    内心は彼にウンザリしてることの方が多かったり、
    何でも良いところだけ持って行こう、楽しようとしてたりして、
    Heffley家の次男に生まれちゃったせいなんでしょうかね…この性格(苦笑

    映画版は、RodrickとGregの微笑ましい姿もあったりして、
    二人の兄弟愛にスポットが当てられていた気がするんですが、
    原作は同じようなエピソードはあっても、雰囲気が違うというか…
    あんなに可愛らしくないというか…(苦笑;

    Heffley家の三兄弟が仲良くできる日が来るんでしょうか?
    …来ない気がするけど、次の巻を読んでみたいと思います(爆

全8件中 1 - 8件を表示

Diary of a Wimpy Kid: Rodrick Rules (Diary of a Wimpy Kid Book 2)のその他の作品

1-B0028V5VFSの詳細を見る ハードカバー 1-B0028V5VFS Jeff Kinney
1-B07J57XS3Vの詳細を見る Audible版 1-B07J57XS3V Jeff Kinney
Diary of a Wimpy Kid # 2: Rodrick Rules ペーパーバック Diary of a Wimpy Kid # 2: Rodrick Rules Jeff Kinney

Jeff Kinneyの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする