The Grapes of Wrath (Penguin Modern Classics)

著者 :
  • Penguin Classics
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・洋書 (688ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780141394886

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 素晴らしい名著。アメリカ・オハイオ州で大恐慌・農地機械化のあおりを受け仕事を失った小作農たちは皆カリフォルニア州を目指す。しかし、新天地での生活は、さらに過酷なものだった…。ジョード一家を中心に当時のアメリカ国内で難民となった人たちの絶望と怒りを描く。現代の難民問題にも直結する差別や抑圧の構造が綴られる。それぞれの状況への反応も違い、読者が感情移入できる対象も多様だ。流石のピューリッツァー受賞作。スタインベックは英語もわかりやすい。

  • スタインベックの「怒りの葡萄」

    まぎれもない傑作。

    資本主義がもたらす社会的な歪みを描いた作品に対してこういう言い方はなんだが、極上のウイスキーのような作品。強烈で、濃厚で、読者を遙か彼方まで運んでいってくれる。

    オクラホマの農民一家の悲劇を描くが、この勇壮な作品は、なぜだか黒澤明の「7人の侍」を思い起こさせる。
    最後の有名なシーンは、やはりこれしかない。

    昔、高校生だった頃、読んでみて、ジョード一家の物語の間に挟まれた断片的な章が退屈で、ストーリーを中断するだけのように思えたのだが、あのときはよく分かっていなかったんだな。
    この部分は内容もそうだが、いろいろな文体で書かれていて面白い。

    会話文が、発音に合わせて変則的な綴りにしてありますが、すぐ慣れます。
    英語そのものは、そんなに難しくない。

    英語を読んでいて、ほんとうによかったと思わせてくれました。
    ここ数年読んだ中ではベスト。

全2件中 1 - 2件を表示

Mr JohnSteinbeckの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×