The Turn of the Screw and the Aspern Papers (Penguin Classics)

著者 :
  • Penguin Classics
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・洋書 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780141439907

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Henry Jamesの英語は難しい。なかなか苦労させられる一冊。和訳に頼らず頑張る。それにしてもこの表紙なんとかならんのか…。MilesとFloraをイメージしてるのか…?全然可愛くない…。

    【The Aspern Papers】
    文学をやっている身として考えさせられる作品。Tinaに好印象。

    【The Turn of the Screw】
    他の方の眼にはこの女家庭教師はどう映るんでしょう。私は狂人に近く見えます。過剰ですよね。勿論子供達、特にMilesも十分怪しいですが。アンファン・テリブルとは彼のような子供のことだろうか。Milesはまるで大人の男であるかのような錯覚を覚えるけれど、両親を早くに亡くしていることを時々思い出して、彼の行動心理もそれに起因したりするのかなあ、と考えてみたり。面白い作品です。雇い主について考えるのも楽しい。

全1件中 1 - 1件を表示

HenryJamesの作品

The Turn of the Screw and the Aspern Papers (Penguin Classics)を本棚に登録しているひと

ツイートする