Eichmann in Jerusalem (Penguin Classics)

著者 : Hannah Arendt
  • Longman (2010年7月24日発売)
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・洋書 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780143039884

Eichmann in Jerusalem (Penguin Classics)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アイヒマンは狂人ではなく、なんとなくSSに加わり自分の理想(人種ごとの住み分け?もう少し違う話だったかもしれない)を追及した結果戦犯になった。だから大抵の人は彼の立場であれば同じことをしただろう、という話に対して、結局それは可能性の話でしかなく(他の人にも罪があるというのは彼自身の免罪符にはならない)、実際に行動したのはアイヒマンであり、他の誰かと一緒に生きていきたくないというなら他の人だってあなたと一緒に生きていきたいと思えないし、それがアイヒマンが死刑になる理由である。
    という文を読んで現代の世界情勢について考えています。

全1件中 1 - 1件を表示

Eichmann in Jerusalem (Penguin Classics)のその他の作品

Hannah Arendtの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Eichmann in Jerusalem (Penguin Classics)を本棚に登録しているひと

ツイートする