Art Theory: A Very Short Introduction (Very Short Introductions)

著者 :
  • Oxford Univ Pr
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・洋書 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780192804631

作品紹介・あらすじ

In today's art world many strange, even shocking, things qualify as art. In this Very Short Introduction Cynthia Freeland explains why innovation and controversy are valued in the arts, weaving together philosophy and art theory with many fascinating examples. She discusses blood, beauty, culture, money, museums, sex, and politics, clarifying contemporary and historical accounts of the nature, function, and interpretation of the arts. Freeland also propels us into the future by surveying cutting-edge web sites, alongside the latest research on the brain's role in perceiving art. This clear, provocative book engages with the big debates surrounding our responses to art and is an invaluable introduction to anyone interested in thinking about art. ABOUT THE SERIES: The Very Short Introductions series from Oxford University Press contains hundreds of titles in almost every subject area. These pocket-sized books are the perfect way to get ahead in a new subject quickly. Our expert authors combine facts, analysis, perspective, new ideas, and enthusiasm to make interesting and challenging topics highly readable.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • このシリーズを読むのは5冊目。
    内容が違うので単純比較はできないけれど、でも、一番読みやすかった。
    全ての章ではないけれど、きちんと結論をまとめてあるし、章の間の関係も言語化されているためだと思う。

    美術と美学理論の歴史的な流れ、多様な文化の美術をどう扱うか、美術に権威を賦与するシステムの一翼を担う美術館という制度や、取引の市場のこと、マイノリティ・グループのアイデンティティと美術、それから、デジタル社会の中の美術とコミュニケーションの問題。
    扱われている問題を列挙するだけしかできないが、今の美術をよりよく理解するために、必要で、かつ刺激的な問題がたくさん扱われている。
    読んでとても充実感があった。

全1件中 1 - 1件を表示

CynthiaFreelandの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×