Love or Money?: Stage 1: 400 Headwords (Oxford Bookworms)

  • Oxford Univ Pr
3.11
  • (1)
  • (8)
  • (34)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 80
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・洋書 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194229463

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ≪県立図書館≫

    早い段階で犯人はわかりました。
    鉄板の展開。
    Moneyは得れても・・・・
    悲しいね。
    大人なんだから、勝手にしてしまえばよかったのに。
    結局はMoneyのせいで、勝手にできなかったのか?

    著者は英語教師だったらしく、Stage1らしい非常にやさしい英語だった。

  • 8冊目
    YL:2.0
    7,300語

  • お金は人を変えてしまう。
    執着とは悲しいものだ。

  •  舞台はイギリスケンブリッジ。金持ちの母親が殺されるが、家族や親戚、近所の人々はそれぞれに母親を殺したい動機をもっていた。探偵がその家にのりこみ、落ち着いた物腰で一人ひとりを部屋に呼び、話をしていく。次第に犯人が一人に絞られていく。怒りや憎悪がうずまき、母親を殺す動機を述べる部分は、教育的ではないかなと思われたが、犯人がしぼられ、話が収斂していく点では、英語を読んだ達成感を味わえるのではないかと思われる作品であった。

  • OBWのステージ1の中では面白いほうだと思いました。
    お金持ち一家の不幸。
    母親のお金を狙う子どもだち。
    それだけでも悲しいのですが、事件の真相はそれだけではありませんでした。

    この本について、アメブロでも書いています。
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/entry-11071215339.html

  • YL:2.0-2.2
    語数:7,300

  • 語数:7,300 累計:12,818

    推理モノ。登場人物がどっと出てくるので、メモらないとだめか・・・?と思ったが、思いつつも読み進めていったらあっけなく終わってしまった。
    推理ものとしては基本路線でよくまとまっているのかもしれないが、あっけないし浅い。このレベルなら仕方ないのかな。

  • 7300words
    total 1,332,244

  • 英語勉強用。

  • Mollyの誕生日に集まった家族。
    そして、その夜起こった殺人事件。
    犯人は? その目的は…?

    題名から、恋愛のもつれの話かと思ってたら、家族の話だった。
    そこに、村の住人とのトラブルも加わって、結構複雑で思った以上に楽しめた。

全19件中 1 - 10件を表示

RowenaAkinyemiの作品

ツイートする
×