On the Edge: 1000 Headwords (Oxford Bookworms ELT)

著者 :
制作 : Clare West 
  • Oxford University Press
3.15
  • (1)
  • (3)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・洋書 (74ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194230100

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんすかー。この不条理なお話は。犯人よ、過ぎた過去と戦うのはやめなさいと思う。
    どんなことがあっても過ぎた過去をひきずるのはよくない。

  • 精読 未知語あり

  • 13歳の少年Tugは、ロンドンの自宅から突然拉致される。
    誘拐犯二人は、Tugを違う名前で呼び、自分たちの子どものように扱おうとする。
    一方、テレビからは、Tug自身がロンドンの自宅に監禁されているという報道が…
    ロンドンの家にいるのは誰なのか? そして、自分は誰なのか…?

    おもしろかった!
    だんだん自分が誰なのかが解らなくなってしまうTugの様子とか、犯人たちの不安定さとか、かなり怖かった。
    残念なのは、ラスト1ページ。ちょっと、そんな終わり方かいっ! って感じ。


  • 243冊目 YL;3.4 語数;11000 

  • 0228/YL:3.2/11,000語/総語数971,517語/

  • YL 3.4  11,000語

  • 【あらすじ】何者かによって気絶させられた少年・タグ。気づくとそこは、窓に鉄格子のはまった小さな部屋だった。その家には見知らぬ男女がいて、女性は自分をママと呼ぶようタグに強要する。異常な状況で何日か監禁されるうち、タグは自分が誰なのかもわからなくなる。<br>
    <br>
    --------<br>
    <br>
    ところどころ、ちょっとよくわからないところがありました。<br>
    「なんでそう思うの?」とか、「なんでそういう行動にでる?」とか。<br>
    いわくありげな農夫、ジョーのキャラとエピソードが尻切れトンボ的で消化不良。<br>
    テロリストの目的も説得力に欠けるので、リアリティがないなぁ。<br>
    <br>
    拉致、監禁、洗脳、児童虐待、テロリズムといったテーマは非常に現実味があるんですが、この語彙レベルと語数にいろいろ詰め込み過ぎた、といった感がありますね。

全8件中 1 - 8件を表示

Gillian Crossの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする