Who, Sir? Me, Sir?: 1000 Headwords (Oxford Bookworms ELT)

著者 :
制作 : Diane Mowat 
  • Oxford University Press
3.33
  • (1)
  • (7)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・洋書 (74ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194230216

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このストーリーは、若者が自分を見つけるといった成長物語の王道であるだけに読みやすい。なんとなく展開が読めてしまうのも、語学初級者には有り難い。

  • 【Impression】
    ちょうどGIANT KILLING読んでいて、「ライバルが強くなることを歓迎しろ。ライバルの成長は自分の成長に直結している」というセリフを思い出した。

    やり方、騙し合いはフェアか否かで言えば全く違うが、その動機としては大丈夫かと。来年はきっといい試合をしてくれると思うし。お互い成長できると思う
    。とりあえず教師陣は最初の意気込みはなんやってんと。そこは疑問

    和気藹々に殺伐が両立するほうがいいね
    【Synopsis】
    ●貧乏学校と金持ち学校がある。そしてそこではトライアスロンの様な、乗馬・競泳・マラソン・射撃の点数で競うスポーツ大会があり、貧乏学校が金持ち学校を倒してやろうという内容
    ●貧乏学校は色々知恵を絞り、様々な人たちの協力を得ながら練習を重ねていく。乗馬の馬に子どもがいたことや、プールの無断使用など様々あったが着実に実力を上げていく
    ●本番当日。相手チームが競泳でチートをしていることが判明。さらに、勝つためには乗馬において高得点をたたき出さないといけないと分かり、貧乏学校チームも乗馬においてチートする。そして勝つが、結局これらのことが関係者に露呈してしまう
    ●勝負は来年に持ち越されることになる。今日はまぁいいではないか、と締めくくり

  • YL 3.2  10,296語

    One boy has nickname " Hoomey". Because he always says "Who? Me?" when someone talk to him. Its funny.
    Easy to read.

  • 何とも変わったタイトルに惹かれて選んだ作品。

    内容はいたって普通の青春モノ?だけど、辞書を引きながら努力して読んだので結構面白かったように思った。

    落ちは結構拍子抜け。

  • YL3.2-3.4 10296w  なぜかとても読みづらく、投げ本になり未読了。

  • 同じ通りにある優秀なお坊ちゃま学校Greycoats校と、いつも比較される、あまりレベルの高くないHawkwood校。
    ひょんなことから、Greycoats校を見返してやろうと、Hawkwood校のチームがトライアスロン競技に参加することになった。
    しかもチームの一人は、喧嘩っ早くて強いけれど、女の子。一人は、走るのも泳ぐのも苦手な、小さくてひ弱な運動音痴。一人は、荒くれ不良少年… 乗馬に使うのは、ドックフードにされる寸前だった馬たち。
    そんな、問題だらけのチームが一体どうなるのか…?

    楽しくて、あったかくて、おもしろい。

  • 学園もの。自分に自信がなかったり、やんちゃだったりする子達が
    優秀な学校と、乗馬や競泳の勝負をすることになり、練習に励んでいくお話

  • 230冊目 YL;3.2 語数;10296

  • 0223/YL:3.2/10,296語/総語数931,330語/

  • YL 3.2  10,296語

全12件中 1 - 10件を表示

Who, Sir? Me, Sir?: 1000 Headwords (Oxford Bookworms ELT)のその他の作品

Who, Sir? Me, Sir? ハードカバー Who, Sir? Me, Sir? K. M. Peyton
Who Sir? Me, Sir? (Handi-read) ハードカバー Who Sir? Me, Sir? (Handi-read) K. M. Peyton
Who, Sir? Me, Sir? (Archway)の詳細を見る ハードカバー Who, Sir? Me, Sir? (Archway) K. M. Peyton

K. M. Peytonの作品

ツイートする