David Copperfield: Level 5 (Bookworms Series)

著者 :
制作 : Tricia Hedge 
  • Oxford Univ Pr
3.64
  • (2)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194230605

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Davidは子供の時からひどい目にあって苦労している。彼を周りにはいろんな人がいて、彼には人を見る目はあるはずなのに、伴侶選びには役に立たない。
    彼の場合、感情の嵐の前に過去の苦労や経験は対抗できないということか。最後は大団円ですが。

  • Charles Dickens Oxford Bookworms Library (Stage 5)  YL 4.5  1800 headwords  word count 21000

    Charles Dickens の自伝的小説です。
    どのくらい本当のことか分かりませんが、幼いときから波乱万丈の人生だったのですネェ。
    でも最愛の妻や友人たちの死を乗り越えて、真実の愛を見つけることができたのだから人生成功だと思います。
    けっこう自分が単純だと気がつきましたが、とても感動しました。
    ぜひ読むことをおススメします。

    ちなみに、あのマジシャンの名前はこの作品の主人公 David Copperfield からのものだそうです。
    それに、ロックバンドの Uriah Heep はこれに登場する感じ悪~い男から名付けたそうです。

  • 1849年Dickensの半自伝的小説。登場人物が多いので、一気に読むべし。主人公David Copperfieldは幼くして父を亡くし、母が再婚した義父に虐待を受け、工場へ働きに出され、あまりの厳しさに逃げ出す。母の死後、伯母の手によって教育を受け、貧しくとも善良な人々に助けられて成長していく。成人したDavidを描く後半は、一目惚れしたDoraへの熱烈な愛情や、いつもそばで温かく見守ってくれていたAgnesへの思慕が中心の恋愛小説。21000wd

  • デイヴィッド・コッパーフィールドの生涯を描いた作品。幼少時代はつらい生活を送るが大伯母に助けられ作家として成功する。ディケンズ本人の人生と重なる部分が多い。幼馴染で一番の信頼を置くアグネスを妹としてしか見てなくて途中で見た目の美しさだけで選んだドーラと結婚してしまうが最後にはアグネスと結ばれて良かった。2007/11/4

全4件中 1 - 4件を表示

David Copperfield: Level 5 (Bookworms Series)のその他の作品

Charles Dickensの作品

ツイートする