Oxford Bookworms Library Factfiles 1 Animals in Danger

著者 :
  • Oxford University Press (Japan) Ltd.
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・洋書 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194233798

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 所蔵:2F 多読本 837.7/O93/1

  • 絶滅危惧種の解説本。

  • 2013.9.7読了。図書館本。words=5,140 辞書なしでok。所要時間は90分くらい。タイトル通り絶滅危惧の動物について書かれている。その原因について色々な動物の例を挙げて説明している。虎やインコ、ドードーがその例。どの動物も人間のせいで追い込まれた点は共通。反対に、動物を守るために奔走した人々の紹介もあり。人間が移動するだけで動物が絶滅したという事実に驚いた。そこまで人間が環境に与える影響は大きいのか。中国には川に住むイルカがいたことをはじめて知った。汚染のせいで2004年?には2頭しか確認されていない。現在はどうなったのか気になる。読む前は正直動物が絶滅する原因は環境の悪化や人間であるという漠然とした考えだった。この本によって考えが深まった。以下、印象に残った言葉。辞書で確認したわけではないので意味を取り違えていたらごめんなさい。だいたいのニュアンス
    。『地球は人間のものではない。動物たちのものでもある。動物を守ることはすなわち自分たちを守ることである。』

    はっとした。環境問題や動物の保護活動に興味が出てきた。関連本を探そうと思う。

  • 世田谷区立中央図書館
    5,140 words 92冊目/233,370 words

  • 注文していたのが、Amazon から届きました。
    (2012年5月5日)

    読み始めました。
    (2012年5月13日)

    読み終えました。
    (2012年6月10日)

全6件中 1 - 6件を表示

Andy Hopkinsの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×