Christmas in Prague (Oxford Bookworms; Stage 1)

制作 : Jennifer Bassett 
  • Oxford Univ Pr
3.25
  • (0)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・洋書 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194789028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 総語数:4720

    横浜国立大学附属図書館蔵書検索
    http://libopac.lib.ynu.ac.jp/webopac/BB00631404

  • 奇跡!でもチェコスロバキアとオーストリアの国境線で亡くなるとは
    イングランドにはロシアの手が届かなかったのね
    双子なのはすごいね
    ハーピストでなかったらこんな出会いはなかったのねー

  • 図書館

  • 2010||1869 キャロルはクリスマスコンサートに出演するためプラハに赴きます。プラハで偶然夫を見つけて追いかけようとしますが・・。

  • YL2.0 / 4,734w
    187冊目/621,464w

  • YL 1.9
    4,720語

  • 読了:2011/6/26

    4720
    19

    悲しくも優しい話。

  • この本を選んだのは…

    裏のあらすじが面白そうだったから!?w

    あと、表紙が素敵だったから…ですww


    ○あらすじ

    チェコ出身のJanは、イギリス人の妻Carolと父親のJosefと一緒に暮らしている。

    ある日、妻のCarolがチェコのプラハで行われるコンサートのオーケストラに

    参加することになり、クリスマス旅行のため、揃ってチェコに行こうとするが、

    父親のJosefはあまり行きたくない様子…。

    Josefがプラハに行きたくない理由は?

    クリスマスのプラハには、忘れられない記憶が隠されている…

    (あらすじは参考程度にお願いします。要約とかは苦手なもので…)


    ☆感想☆

    静かな話を想像してた私は、ちょっとビックリしました(爆

    えぇ〜アクシデント!?ってw

    最後は、ちょっとグッときてしまった…(涙

    挿絵が、ちょっとリアル(っていうか、アメリカっぽいっていうのかな?)けど、

    ストーリーが良いので、良しとしましょうww

    それにしても、道を教えられるところがあるんですが…

    「Turn right there and go fifty metres.

    When you come to the road, go across it quickly and〜」
    みたいなのが約7行続くんです…

    あんなの一度に言われて覚えられるんでしょうか…;

    私は無理ですね…たぶん、書いてもダメかも(苦笑

    (方向音痴なもので…;)

  • Carolはハーピスト、夫と義父との三人暮らし。
    オーケストラからチェコへのコンサートでの演奏を依頼されたのだか季節はクリスマス。
    彼女はプラハで夫と義父と一緒にクリスマスを過ごすことを望むのだが、以前プラハに住んでいたことがあるという義父は、これまでプラハに行くことを拒んでいて、彼女はこのことえを提案することためらっていたのだが・・・・

    何故義父がプラハに行きたくなかったのか。 
    話の進め方がよく引き込まれました。
     

全9件中 1 - 9件を表示

Christmas in Prague (Oxford Bookworms; Stage 1)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする