Oxford Bookworms Library 1 Lottery Winner 3rd

著者 : Rosemary Border
  • Oxford University Press (Japan) Ltd. (2007年11月29日発売)
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・洋書 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194789073

Oxford Bookworms Library 1 Lottery Winner 3rdの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 総語数:5655

    横浜国立大学附属図書館蔵書検索
    http://libopac.lib.ynu.ac.jp/webopac/BB00632432

  • 2013.10.28 pm11:00読了。words=5,655 洋書5冊目。宝くじをめぐる物語。おばあさんのバッグを若い男がひったくった。おばあさんには毎回同じ番号で宝くじを買う習慣があった。若い男も宝くじを持っていた。おばあさんの宝くじはバッグの中。その宝くじは当たりだった。若い男はそれに気づき、当選者として名乗り出る。彼は賞金を我がものにするため嘘を重ねる。彼女は弁護士を雇う。判決はいよいよ法廷へ。しかしこの事件、証明するのに時間を要する。弁護士にかかる費用は高い。裁判が長引けば長引くほど弁護士が得をする。得られる金が増えるからだ。結果、宝くじで1番特したのは弁護士でした、という皮肉めいた終わり方。ありきたりな内容で読みやすかったが、もう少しひねって欲しかった。

  • どんだけ弁護士費用が高額でも500万ポンド(7億5千万円)のうち大半を弁護士が独占するなんて無理やろ。笑くだらなすぎて最後笑った。まぁお金は人を醜くするっている教訓みたいなもんかな。

  • Graded Readers 2回目。速読開始。47冊目。
    宝くじを買った老人とそれをひったくった男との法的な争いの話・・・と思ったら主題はそうじゃなかったらしい。ひどいオチだ。これは無いわ〜、さんざん細かく描写しておいてこの終わり方はないわ〜・・・としか言えない。
    【学べた単語】lottery、in trouble with the police

  • YL 2
    5,655語

  • 読了:2011/6/20

    5565
    22.75

    結局けりはつかないんだけど、なんつー嫌みな結末…

  • 英語勉強用。

  • 本のあらすじを読んで、読むことに決定。
    1枚の「あたり宝くじ」をめぐる人間模様。。
    笑ったのはだぁれ?
    日本じゃありえない光景が展開されて、「おぉ、よその国だぁ」というのが感想(笑)

    word count_5,655

  • エマは買い物からの帰り道、引ったくりにあいバックを盗まれた。
    バッグには小銭と宝くじが入っていた。
    宝くじの当選者が映るテレビを見たエマは、当選者が犯人であることを確信。
    当たりくじが盗まれた自分のものであることを知る。
    エマは毎回同じ番号の宝くじを買っていたのだ。
    かくして当たりくじをめぐる攻防戦が始まった。

    日本では宝くじに当たっても、当選者を大々的に報道するようなことはありませんが、ここではおもいっきり報道。
    お国柄の違いが出ていて面白かったです。
    犯人もこんなに顔が出るのに、当選者だといって名乗りを上げるのとは何を考えているんだか。
    それにしても、これでもかというほど弁護士が出てくる。(笑)
    これもお国柄の違いでしょうか。

全9件中 1 - 9件を表示

Oxford Bookworms Library 1 Lottery Winner 3rdのその他の作品

Rosemary Borderの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Oxford Bookworms Library 1 Lottery Winner 3rdはこんな洋書です

ツイートする