The Witches of Pendle (Oxford Bookworms Library, Stage 1)

著者 :
  • Oxford Univ Pr
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・洋書 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194789240

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 総語数:5730

    横浜国立大学附属図書館蔵書検索
    http://libopac.lib.ynu.ac.jp/webopac/BB00631951

  • stage1とは思えないほど重くてなかなか読み進まなかった。
    読了後の後味の悪さ含めて再読したい。

  • YL 1.2~2
    5,730語

  • [図書館]
    読了:2011/6/25

    5730
    23.75

    暗い話だ…。悪意ばっかり出てくる。そしてネグレクトと暴力母。

    自分の母、姉、弟が witch だと証言して、彼らが処刑された後の独白がすごい。

    p.37 「When I was a child, I wanted to be happy. I wanted to be warm, to wear shoes, to eat good food. I wanted someone to take care of me. That's all. My mother gave me nothing. She gave me no love. She never took care of me. (中略)and I lived hungry and cold with a witch. And so I told Judge Bromley the truth about my family. Was I wrong? I don't know.」

    そして庇護者であった Mr. Nowell が亡くなった後、村人の悪意の証言によって今度は自分が魔女狩りの対象となる。

    p.39 「When I was a child, I was always cold and hungry, and I hated my family because they were witches. In 1962, I told the truth, and the truth killed my family. Now, twenty-two years later, lies are going to kill me, here in Lancaster Castle, and I am cold and hungry again.」

  • 悲惨な話だ…。最後のほう一気読みでした。
    登場人物が結構多めになってきたので、今まで簡単なので慣れていた脳内が整理されてきた感じです。

全5件中 1 - 5件を表示

The Witches of Pendle (Oxford Bookworms Library, Stage 1)のその他の作品

Rowena Akinyemiの作品

電子書籍

ツイートする