The Piano: Stage 2 700 Headwords (Oxford Bookworms Library Level 2)

制作 : JenniferBassett 
  • Oxford Univ Pr
3.73
  • (9)
  • (11)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 124
感想 : 27
  • Amazon.co.jp ・洋書 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194790680

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あるピアニストの一生を描いた小説。貧しい家庭に生まれたTonyは13歳のときに、農家で働き始めます。ある日、ガレージを空けるため、中にあるものを捨てるように言われたTony。そこで見つけたピアノに夢中になります。才能を見出されたTonyはAnthonyになり、Sirの称号をもらえるまでに成功。登場人物は皆温かく、読後感も爽やかです。7000wd

  • 6,070語

  • 所蔵:2F 多読本 837.7/O93/2

  • おすすめされた本。
    心あたたまる成功もの。ほっこり。

  • どんでん返しなどはない、ハートフルな話だった。
    文章も易しいほうだと思う。

    2章から過去の話になるので、展開は想像できるというかわかっている状態です。

    あの人がデレたのは、いつの間に?と思ったけど、良い話だったと思う。

  • 片田舎の貧乏人の子に産まれた主人公が、一流のピアニストになりました。めでたし、めでたし、という物語。悪くないです。

  • 総語数 6,070語

  • "The Piano" is a story about a pianist Anthony Evans. He is a great pianist. Many people are coming to his eightieth birthday concert.
    How he could become a great pianist?
    When did he start learning music?
    We can go back to his childhood.

    I like playing the piano, this is the reason why I chose this book from the bookshelf in the library.
    When I started reading, I thought the story might be real. However, to my disappointment, it would be a fiction.

    ピアニストの子供時代を振り返る。恵まれた生い立ちではなかった彼がどう育ちどうして音楽に出会ったか語られる。

    ピアノが好きなのでこの本を選びました。実話と思いきやそうではないらしく少しがっかりしました。
    theatre や hullo はイギリス英語のスペルだろう。
    この人のように、80才になっても鍵盤の前に座っていたいものです。リストを弾ける見込みはありませんが。

  • YL2.8 総語数6,070

  • 多読の書評で評判がいいので読んでみたが、話が飛ぶのでストーリーにのめりこめない。文章は簡単なので読みやすいが、このようなものを多く読んだところで読みきった達成感は味わえるものの、内容も量もあるペーパーバックに移行するのは難しいのではないか?(M)

全27件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Marjori...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×