The Piano: Stage 2 700 Headwords (Oxford Bookworms Library Level 2)

制作 : Jennifer Bassett 
  • Oxford Univ Pr
3.65
  • (6)
  • (10)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・洋書 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194790680

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どんでん返しなどはない、ハートフルな話だった。
    文章も易しいほうだと思う。

    2章から過去の話になるので、展開は想像できるというかわかっている状態です。

    あの人がデレたのは、いつの間に?と思ったけど、良い話だったと思う。

  • 片田舎の貧乏人の子に産まれた主人公が、一流のピアニストになりました。めでたし、めでたし、という物語。悪くないです。

  • 総語数 6,070語

  • 総語数:6070

    横浜国立大学附属図書館蔵書検索
    http://libopac.lib.ynu.ac.jp/webopac/BB00631984

  • "The Piano" is a story about a pianist Anthony Evans. He is a great pianist. Many people are coming to his eightieth birthday concert.
    How he could become a great pianist?
    When did he start learning music?
    We can go back to his childhood.

    I like playing the piano, this is the reason why I chose this book from the bookshelf in the library.
    When I started reading, I thought the story might be real. However, to my disappointment, it would be a fiction.

    ピアニストの子供時代を振り返る。恵まれた生い立ちではなかった彼がどう育ちどうして音楽に出会ったか語られる。

    ピアノが好きなのでこの本を選びました。実話と思いきやそうではないらしく少しがっかりしました。
    theatre や hullo はイギリス英語のスペルだろう。
    この人のように、80才になっても鍵盤の前に座っていたいものです。リストを弾ける見込みはありませんが。

  • 貧しい少年が、努力と感謝、周囲からの愛によって幸せを手に入れるまでを描くサクセスストーリー。

    著者は英語学習者向けの文章を多く書いてる人みたいで、平易ながら教科書然とせず読み物としても楽しめた。
    上手くいきすぎ感が否めないし、成功するまでの過程も物足りない気がしないでもないけど、周囲の人たちが惜しみなく愛を注いでくれて、それに応えていく主人公の物語には心が温まります。

  • YL2.8 総語数6,070

  • 多読の書評で評判がいいので読んでみたが、話が飛ぶのでストーリーにのめりこめない。文章は簡単なので読みやすいが、このようなものを多く読んだところで読みきった達成感は味わえるものの、内容も量もあるペーパーバックに移行するのは難しいのではないか?(M)

  • 7,000 words

全23件中 1 - 10件を表示

The Piano: Stage 2 700 Headwords (Oxford Bookworms Library Level 2)のその他の作品

ツイートする