The Year of Sharing (Oxford Bookworms Series)

制作 : Harry Gilbert 
  • Oxford Univ Pr (2008年1月31日発売)
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・洋書 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194790772

The Year of Sharing (Oxford Bookworms Series)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 総語数:6390

    横浜国立大学附属図書館蔵書検索
    http://libopac.lib.ynu.ac.jp/webopac/BB00632543

  • Y.L 2.8. 総語数6,930

  • 【Impression】
    ちょっと世界観は意味不明だったけど、内容は面白かった。

    なぜあんな行為を行う世界なのか、本が出来るうんぬん書いてあったが。
    知見を共有するためというけど、動物の世界に放り込まれたら喋らないからあまり意味がないような、考えを記録するとかなら役に立ちそう。

    Cutthroat、首を切る=非情な世界、英語ってたまにこういうの面白いな
    Adam's Appleとか
    【Synopsis】
    ●現在の世界から遠く未来の話。機械文明はなく、集落のようなものを作って暮らしており、12歳になると子どもは動物の中に放される。同時にYear of Sharingというものを身につけて生活することになり、半分は死んでしまう
    ●主人公は「鹿」となり生活をすることになるが、常に腹が減り、常に傷付き、常に疲れて、常に寒い、という過酷な動物の環境に臭い以外は人間として放り込まれた。そのため、環境に馴染むためにあらゆることをした
    ●その鹿の家族は狼から狙われていた。しかし主人公が一匹殺すことに成功した。そのため、今度は群れに狙われることになる
    ●家族を逃がし、一人崖の上に逃げる主人公。この頂上まで上れば安全、と思ったが同時に「自分も狼と同じ動物では?」と疑問を持ち、後に彼のYear of Sharingが崖下から発見される

  • Graded Readers 2回目。速読開始。78冊目。
    未来世界の少年が12歳になったとき、1年間、1匹の動物として野生の世界を生き抜かなければならないという奇抜な設定の物語。Graded Readersのオリジナル作品としてはかなり面白い方だと思う。ただ、主人公の少年が読者に語りかけるような文章になっていて、レコーダーに残った少年の声として断片的な記述になっているので、かなり読みにくい。設定が奇抜だということもあって、この本を1回目に読んだときは、最初の1ページ目から何を言っているのかよくわからなかった。2回目の今回は問題なく楽しめた。著者がSF好きだということもあって、独特のインスピレーションを与えてくれる作品ではある。
    【学べた単語】antler、Let's see、break up

  • 読了:2011/12/24

    6390
    28

    ラスト直前までおもしろかったんだが、最後の最後が…
    えぇ〜って感じの終わり方だった…。

  • 12歳になったリチャードは、自然の中動物がどのように生きているかを学ぶため村を離れ森の中で一年間過ごさねばならなかった。
    彼の家族となった鹿と絆が生まれていくが、その生活は過酷で・・・・

    自然と人間との関わり合い、地球は人間だけのものではないということを学ぶためにここまでしなくてはならないとは。
    ラストが悲しすぎます。         

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

The Year of Sharing (Oxford Bookworms Series)はこんな洋書です

ツイートする