The Thirty-Nine Steps (Oxford Bookworms Library)

著者 : John Buchan
制作 : Nick Bullard 
  • Oxford Univ Pr (2007年11月15日発売)
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・洋書 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194791885

The Thirty-Nine Steps (Oxford Bookworms Library)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 総語数:17170

    横浜国立大学附属図書館蔵書検索
    http://libopac.lib.ynu.ac.jp/webopac/BB00629778

  • 【Impression】
    最初の急展開から協力する辺りの流れにはびっくりしたけど、謎だらけのまま最後まで進んでいく感じは嫌いではない。


    最後のシーンの思考の流れ、アフリカの友人からの話、ぎりぎりのところで着く決着。

    1915年ということは知らなかったが

    【Synopsis】 
    ●つまらない生活を送っていた男に急に頼みごとをする男が現れた。男の話を聞く限り、とんでもない事件に巻き込まれているということが判明した。そしてその後殺された。
    ●殺された男の持っていた手帳をもとに、大統領の死亡を防ごうと動く。しかし、結局大統領は殺されてしまう。
    ●しかしどうもそれで終わりではないようだということが判明。「Thirty nine steps」という手がかりをもとに、犯人を追及していく。そして遂に重要な情報が持ち去られていることに気付く。
    ●どこからその情報が運ばれるか、その手がかりが男の手帳に記されていたヒントだった。

  • 17,236 words 85冊目/209,666 words

  • Graded Readers 2回目。速読開始。107冊目。
    Intermediate Set A 終了。
    秘密を知った男の逃亡劇。一応、ヒッチコックが映画化したこともある作品らしいが、Graded Readersのオリジナル作品かと思うくらいショボいストーリーだった。こういう古い作品こそ、逃亡劇の元祖なのかもしれないが、いま読むと設定や展開に無理があるし、何よりこの本は話を盛りこみすぎで、淡々と事実を書きつらねるだけの文章なのでまるで面白みがない。読むのは時間の無駄だった。
    【学べた単語】lisp、hood、carry on、high tide、hedge、turn up、fuse、airfield、further on、yacht、for a time

  • 17,000 words

  • リチャードはアフリカからロンドンへ戻って来たが、単調な生活に飽き飽きしていた。
    そんなある日Scudderという男が匿って欲しいとリチャードの許にやって来た。
    彼の話では、ドイツが戦争を起そうとしていて、その為にギリシャの首相を暗殺しようとしているという。
    彼はその計画を知ったためにドイツのスパイ達から命を狙われていたのだ。
    Scudderが彼が死んだという偽装工作をしたにも関わらず、彼はリチャードのアパートで殺されてしまう。
    犯人と疑われたリチャードは警察に追われることとなる。
    スリルに満ちたこの環境に楽しさを感じるリチャードだったが、やがてドイツのスパイ達から命を狙われ恐怖を感じるのだった。

    Penguin Readers Level 3 のどうタイトルのものと内容はほとんど同じです。
    行き当たりばったりの主人公の行動はあい変わらず(苦笑)
    でも、そのときとった行動がまずかったなど、主人公の心理描写が若干付け加えられていて、Penguinのものより読みやすかったような気がします。
    描かれ方も若干Penguinと比べると締まった感じがして私にはこちらのほうが読みやすかったです。

全6件中 1 - 6件を表示

The Thirty-Nine Steps (Oxford Bookworms Library)のその他の作品

John Buchanの作品

The Thirty-Nine Steps (Oxford Bookworms Library)はこんな洋書です

ツイートする