Oxford Bookworms Library: Level 6: Pride and Prejudice2500 Headwords (Oxford Bookworms Library. Classics, Stage 6)

著者 :
  • Oxford University Press, USA
4.38
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・洋書 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780194792677

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 総語数:29455

    横浜国立大学附属図書館蔵書検索
    http://libopac.lib.ynu.ac.jp/webopac/BB00538936

  • コンパクトにまとまった「高慢と偏見」です。
    学生時代にJane Austenの作品は翻訳で
    ほとんど読みましたが、面白いけれど長いんです。
    それが100ページ余りにまとまっていながら
    登場人物の性格や行動がきちんと描かれていて
    とても楽しめました。

    Bennet家の五人姉妹の結婚がテーマです。
    跡取りがいないため、父の死後は財産は
    全て親戚の牧師のMr. Collinsに渡ってしまうことが決まっています。
    Mrs. Bennetは持参金のない娘たちを玉の輿に乗っけることしか
    頭にありません。
    そんな中、隣りの館に資産家で独身のMr. Bingleyと
    その友人のMr.Darcyが
    やってきたからMrs. Bennetは大騒ぎです。

    そんな騒ぎを冷ややかな目で見ている次女のLizzyの視点で
    物語は進みます。
    Lizzyはあまり器量は良くないけれど、知性に溢れ、鋭い観察眼を
    持っています。

    背が高く、財産があり、家柄も良いけれど
    気難しく、身分や知性の低い者には高慢な態度を示すMr.Darcyが
    Lizzyと接することにより、どう変わっていくのかが一番の見どころです。

    脇役も強烈な個性を持っていて
    特にLady Catherineは余りにも厚顔無恥で無礼なので
    笑ってしまいました。

    96books YL5.6 29,455words
    total 1,483,222words

  • 夏目漱石がこの物語の冒頭をたたえていたので、名作だし、いい機会なので読んでみました。
    冒頭というか、中盤まであんまり面白くなかったです。
    面白いと思ったのは、70%ほど読み終わってから。
    残りの30%は一気に読んでしまいました。

  • 映画も見ましたが…映画の内容とこのリーダースの本に書かれてある内容はほとんど一緒の内容です(少しだけリーダースの方が詳しい)。

    初めて読むJane Austenですが、彼女の作品は基本的に英国貴族の小説ですね。このpride and prejudiceはシンデレラより人間味を感じるシンデレラストーリーだから、ディズニーのアニメで再現しても人気が出るのでは無いかなと思います。内容もわかりやすくて、面白いので子供から大人まで誰でも楽しめると思います。

    あとはエリザベス・ベネット役のキーラ・ナイトレイがすごく美人っていうのも映画の見所ですね(笑)

全5件中 1 - 5件を表示

Oxford Bookworms Library: Level 6: Pride and Prejudice2500 Headwords (Oxford Bookworms Library. Classics, Stage 6)のその他の作品

Jane Austenの作品

電子書籍

ツイートする