Oxford Reading Tree: Level 3: Stories: Nobody Wanted to Play

著者 :
  • Oxford University Press, USA
3.83
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・洋書 (16ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780198481744

作品紹介・あらすじ

The Level 3 Biff, Chip and Kipper Stories, written by Roderick Hunt and illustrated by Alex Brychta, provide a rich story context to help develop language comprehension and decoding skills. Stories, More Stories A and More Stories B build on the reading skills from Level 2 and are slightly longer. First Sentences include a range of high frequency vocabulary with repetitive text to continue to build fluency. Books contain inside cover notes to support children in their reading. Help with childrens reading development is also available at www.oxfordowl.co.uk.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 誰も遊んでくれないので、公園の遊具などで遊びながら妄想にふけるウィルフのお話です。

    “I am a ~.”の表現を覚える作品なのでしょうか?
    ちょっと単調過ぎて飽きてしまいました。最後の急なオチも何だかなあという感じでした。

    【79語/合計 7158語/120冊目】

  • 8歳息子と読了。

    ウィルフが誰にも遊んでもらえなくて、1人で公園に行き、空想にふけりながら1人で遊ぶという話。

    1人でちょっとかわいそうな気はするけど、想像力を膨らませて楽しめるのは才能だなぁ、と。

    1人といえど、フロッピーがついてきてくれてるのもかわいい。

  • Wild was cross.
    Nobody wanted to play.
    He went to the park.
    Wild played on a rocket, on the see saw, on the horse, on his bicycle, the ladder, on the wall and pretend to be a space man, juggler, cowboy, stuntman, fire man and spider man.
    And lastly, he buys an ice cream and trips on Floppy and pretends Spider man was falling.

  • いつもは仲良く皆で遊ぶのに、今日はWilf がご機嫌ななめ。
    一人で自転車をこいで、公園にいっちゃいました。
    Wilf は、遊具で遊びながら、自分をいろんなヒーローに見立てはじめました。

    spaceman,juggler,cowboy,stuntman,fireman,spiderman!

    あれ?せっかくついてきてくれたFloppy をほったらかしにしてるから、Floppy のご機嫌も悪くなってきましたよ。

    子どものころ、電車にのると車窓の外を疾走する忍者になっていたのを思い出した。

    となりのおじさん、みっけ!
    メガネ、みっけ!

  • YL0.3
    W79
    Wilfは一人遊びの天才

全6件中 1 - 6件を表示

RoderickHuntの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×