Oxford Reading Tree: Level 5: Stories: Pirate Adventure

著者 :
  • Oxford University Press, USA
4.25
  • (7)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・洋書 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780198482444

作品紹介・あらすじ

The Level 5 Biff, Chip and Kipper Stories, written by Roderick Hunt and illustrated by Alex Brychta, provide a rich story context to help develop language comprehension and decoding skills. Stories, More Stories A, More Stories B and More Stories C take the children from familiar, predictable events at home and school into the less certain realms of fantasy through the magic key adventures. Books contain inside cover notes to support children in their reading. Help with childrens reading development is also available at www.oxfordowl.co.uk.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • The magic key took children the sea. There was a ship with pirates. At first, Biff did not like pirates but she changed her thought, because the pirates were kind. I was surprised at their friendship between four children and the pirates. The magic key was cool.

    Book Band 5 Green

  • ウィルフとウィルマが遊びに来て、ビフの部屋に入りました。ビフは輝いた魔法の鍵を見せます。子どもたちの身体がだんだん小さくなてしまいました。ビフは鍵を使って家のドアを開けます。彼らは家の中に入ってきますが、そこは……。

    海賊がとても愉快な人たちでよかったです。海賊が好きじゃないと言っていたビフですが……、現金な娘さんですね。私もこんなに楽しそうな冒険なら参加したいです。

    【330語/合計 23,717語/181冊目】

  • モートロックさんは、この頃からみんなを見守っていたのかな。

  • 家に遊びに来たWilfとWilmaに不思議な鍵とハウスを見せたBiffとChip。でもぜんぜん二人は信じません。すると鍵が光って・・・。ちいさくなった子供達。Biffが鍵をドアに挿して開けると、その先はなんとBiffが読んでいた海賊の世界でした。本を読んで海賊を嫌っていたBiffでしたが、意外と彼らはいいやつだったようで・・・。330wd

  • 【YL0.5 330w】


    Biffが魔法の鍵の話をしてもWilfとWilmaは「バカ言うなよ!」と信じてくれません。
    でも鍵がまた光りだしてみんなはどんどん小さく…。


    せっかく海賊と会えて仲良くなれそうだったのに、あっという間に戻る時間。もう少し海賊との冒険を見たかったな。

    *Happy Reading Clubから借りた本

  • 最初は、海賊捕まってどうなってしまうんだろうと思った。
    海賊たちも以外と寂しがり屋なんですね~

  • YL0.5 語数 330語 読了数 3冊 総語数 684語

全10件中 1 - 10件を表示

RoderickHuntの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×