Oxford Reading Tree: Level 8: Stories: The Kidnappers

著者 :
  • Oxford University Press, USA
4.09
  • (5)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・洋書 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780198483342

作品紹介・あらすじ

The Level 8 Biff, Chip and Kipper Stories, written by Roderick Hunt and illustrated by Alex Brychta, provide a rich story context to help develop language comprehension and decoding skills. Stories and More Stories continue to provide a mix of fantasy settings and familiar situations. More complex sentences develop stamina, ensuring that readers will be able to progress to more demanding texts with confidence. Books contain inside cover notes to support children in their reading. Help with childrens reading development is also available at www.oxfordowl.co.uk.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『The Lost Key』の続きです。前回、無くした魔法の鍵を見つけるも、輝かなくなってしまったことに責任を感じて悲しんでいたキッパー。今回はベッドで眠っていると鍵が輝き出し、ぬいぐるみが彼を起こし、冒険に出かけます。キッパーたちは飛行機でスイスに向かい、「第107回テディー・ベア・ピクニック」の会場に到着します。彼らは会場でスピーチをした有名なクマが連れ去られるところを目撃してしまい……。

    テディー・ベアが一同に集まるお祭り、本当に楽しそうでした。私もバンド演奏を聴きながらクッキーを食べたいです。

    【878語/合計 137,758語/285冊目】

  • 9歳息子と読了。

    タイトルがちょっとものものしいなぁと思っていたけど、なかなか面白いストーリー。
    まず、いつもはビフとチップとその友達がアドベンチャーに行くことが多いけど、今回はキッパー1人。しかも夜中。しかもキッパーのぬいぐるみ達も一緒にアドベンチャーへ。しかもしかも、キッパーが向こうの世界ではくまの姿に。。。なんともカワイイ!

    アドベンチャー先はくまの世界。イギリスのBearmingham空港(笑)から、スイスのBearne空港(笑)まで飛行機で旅をし、一年に一度開催されるというテディベアピクニックというものに参加することに。
    もうここまでの時点で十分ワクワクするし十分楽しいのだけど、さらにさらにこのイベントには有名なくまが登場してスピーチまでしてくれる。(おそらくはルパート、パディントン)
    キッパーは嬉しくなってサインをもらいに行こうとするけど、そこで何と誘拐現場を目撃してしまう。
    キッパーと仲間達は即座に助けに向かう。
    悪いくま達の屋敷と思しき建物に囚われている有名熊を助けようと、悪いくま達をハチミツで釣る作戦。
    まんまとハチミツで気を引いて救出に成功!
    犯人一味も無事逮捕された模様。
    悪いくまもハチミツの誘惑には勝てないんだな〜。
    大活躍したキッパー。もとの世界に戻って、ビフとチップに話すものの、信じてもらえなくてちょっとかわいそう。
    弟ってこういうところは損かもしれない。
    頑張れ、キッパー!!

  • Kipper was in bed.
    The magic key glowed.
    The toys were coming to life.
    In the magic adventure, they rode the airplane going to Switzerland.
    There is a picnic there.
    Many bears came.
    Famous bears came up!
    A famous pop group played on the stage while everyone was eating.
    Kipper get a sign, and he went to the famous bears but they were kidnapped.
    They found a van.
    They chased the kidnappers.
    They saw the kidnappers make the famous bears in their house.
    Kipper had an idea.
    He showed the honey to the kidnappers.
    While the kidnappers were eating the honey, the toys rescued the famous bears.
    They famous bears escaped to the van.
    The kidnappers found them but they were stuck in the honey.
    The kidnappers were captured by the police.
    The magic key glowed.

  • くまのルパートが気になる。

全7件中 1 - 7件を表示

RoderickHuntの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Marjori...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×