Oxford Reading Tree: Level 10+: Treetops Time Chronicles: Strange Box

制作 : Mr. Alex Brychta 
  • Oxford University Press (2010年11月30日発売)
4.43
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・洋書 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780199119080

Oxford Reading Tree: Level 10+: Treetops Time Chronicles: Strange Boxの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前の話の説明

  • magic keyの最後の冒険から3年経って、子供たちもずいぶん大きくなりました。最後の冒険がいつだったか、もう思い出せないくらい昔です。ある日、Chipが部屋で、magic keyの入っていた箱を見つけました。でも、ずいぶん様変わりしています。三人は自分たちにこの箱はもう必要ないと、学校のバザーに出すことに決めました。そしたらなんかこの箱をつけねらう悪者っぽい人が現れて、微妙に存在感のあった用務員のおじさんが重要人物っぽくなって、子供たちは新たな冒険へ…続きが気になる!

    シャドーイングがしたくて、大して期待もせずに借りたら、続きは…続きはどうなるの!?

    1,913w

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50095579&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • ORTのStage9の続きです。マジックキーの最後の冒険から、何年か経っています。Kipperたちもずいぶん大きく成長しています。Chipがある時、マジックキーが入っていた箱をクローゼットの中から見つけ出します。そしてこの箱をめぐり、奇妙なことが起こり始めるのです。
    無料の音声がダウンロードできるので、聞きながら読むとさらに楽しいです。

  • ORTの子供たちも成長し、BiffとChipは10歳、Kipperも8歳に。Chipは身も心もオッサン化?!めがね姿のKipperも真面目キャラに?!バザー用に物置の整理をしていたら出てきた箱を狙う怪しげな男。そして用務員のおじさんの名前が判明!なんだか重要人物になるらしい・・・。1913wd

  • YL 1.8
    1,913語

  • 【YL1.8 1724w】


    Oxford reading Treeの続編『Tree Tops Time Chronicles』のシリーズ始まりのお話です。
    Kipper達が少し大人になって、彼らを冒険へと導くアイテムもMagic KeyからStrange Boxへと代わります。

    ある日、Chipが見つけたStrange Boxをバザーに出すと、それを買ったNadimから奪おうとするstrange man。そして、それを阻止するMr Mortlock。この二人は何者?
    なんともミステリアスな登場人物とともにまた冒険が始まる
    予感…。

    やっぱりこのシリーズはおもしろく飽きさせません!



    [20012,10,9]
    前回は多聴多読の雑誌に掲載されていたときによみましたが、今回はHappy Reading Clubでお借りして読みました。

    続きも借りていく予定なので楽しみです♪


    *Happy Reading Clubから借りた本

全7件中 1 - 7件を表示

Oxford Reading Tree: Level 10+: Treetops Time Chronicles: Strange Boxのその他の作品

Roderick Huntの作品

Oxford Reading Tree: Level 10+: Treetops Time Chronicles: Strange Boxはこんな洋書です

ツイートする